おじさん工房  APB-1  APB-2  APB-3  SDR-1  SDR-3

おじさん工房 BBS

377244
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

開発環境構築について教えてください - 隠居爺さん

2018/12/15 (Sat) 11:48:43

無謀にもSDRに手を出してしまった隠居爺さんです。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、開発環境の構築についてもう少し詳しくご教示お願いします。

SDRに興味を持ちながらも難解そうで手を出せずにいたのですが、SDR-3キットが販売されていることを知り、早速入手しました。拡大鏡で老眼ハンデをカバーして組み上げ、何とか動作確認を終えました。プログラミン言語など触ったこともないので、C言語の解説本などで勉強しながら次のステップに進もうとしているのですが、入り口の開発環境の構築で躓いてしまいました。HPの「SDR-3 開発ツールのインストール方法」を見てgcc-arm-none-eabi-7-2018-q2-update-win32.zip、make-3.81-bin.zip、make-3.81-dep.zipをダウンロードして新たに作ったフォルダにそれぞれを展開し、ARM-GCC用DOS窓utf-8.batのpathも修正しました。フォルダにはDVDからSDR3-3_sourceをコピーし、DOS窓からmakeコマンドを実行しましたが「make is not recognized as an internal or external command・・・」とはじかれてしまいます。展開したフォルダの位置を変えたり試行錯誤しましたが、ダメでした。

プログラミングは、全くの素人でお恥ずかしい限りですが、ご教示をよろしくお願いします。

Re: 開発環境構築について教えてください やどさん

2018/12/15 (Sat) 18:26:57

ご隠居爺さん はじめまして こんにちは。

>「make is not recognized as an internal or external command・・・」とはじかれ…

makeコマンドが見つからないと云うメッセージですので、
たぶんPATHの設定か、インストールしたディレクトリ構成の問題ではないかと思います。

これが正しいか自信がないのですが、実際にコンパイルできている「ARM-GCC用DOS窓utf-8.bat」の中身と、
D:ドライブに展開したSDR-3とARMのディレクトリ構成を貼っておきます。

D:\SDR-3\SDR-3_source\SSB_trx\…
D:\SDR-3\SDR-3_source\STM32F4xx_DSP_StdPeriph_Lib_V1.1.0\…
D:\SDR-3\ARM\… 
ARM\以下は、写真のようになっています。

ご参考になれば良いのですが、、

幾つになってもチャレンジする精神が尊いですよね!

//

Re: 開発環境構築について教えてください - 隠居爺さん

2018/12/16 (Sun) 07:56:52

やどさん、お世話になります。早速アドバイスをいただき、ありがとうございます。
フォルダ構成を色々といじってみてもダメだったので、やどさんと同じ構成にして試してみようと思います。
ただ、根本的にやり方が違っているような気がしますので、確認をさせてください。

D:ドライのルートに\SDR-3フォルダ、その下に\ARMフォルダを作成し、ダウンロードしたgcc-arm-none-eabi-7-2018-q2-update-win32.zip、make-3.81-bin.zip、make-3.81-dep.zipを展開する。D:\SDR-3フォルダにDVDからSDR3-3_sourceをコピーする。この操作で写真のようなフォルダ構成になりますが、やどさんの構成とはちょっと違ってしまいます。

お手数をおかけし、申し訳ありませんが、今しばらくお付き合いいただき、ご指導をよろしくお願いします。

Re: 開発環境構築について教えてください - 笛吹きおじさん

2018/12/16 (Sun) 09:53:44

皆さま、お早う御座います。

SDR-3_sourceの中にあるbat ファイル を下記の様に変更すればいいのではないかと思います。

SET PATH=D:\SDR-3\ARM\bin;%PATH%

間違っていましたらごめんなさい、、、です。

Re: 開発環境構築について教えてください やどさん

2018/12/16 (Sun) 10:10:54

ご隠居爺さん おはようございます。

>ただ、根本的にやり方が違っているような気が…

すみません、自分もすっかり忘れていました。

D:\SDR-3\ARM\bin\の下を見てください。

bin\下に"make.exe"が無いのが根本的な問題だと思います。

"make.exe"が無かったら、
make-3.81-dep.zipを展開してできた
make-3.81-bin\以下のフォルダー
make-3.81-dep\以下のフォルダー

D:\SDR-3\ARM\以下にコピーして下さい。

必須なのは、make…を展開してできたbin\以下を D:\SDR-3\ARM\bin\下にコピーするだけで良いのだと思いますが、
自分は展開してできたフォルダーを全部D:\SDR-3\ARM\以下にドラッグしてコピーしておりました。

写真のように、D:\SDR-3\ARM\bin\以下に33個のファイルができます。

これで"make"コマンド一発でコンパイルできると思います。m(_ _)m

//

Re: 開発環境構築について教えてください - 隠居爺さん

2018/12/16 (Sun) 14:30:41

やどさん、笛吹きおじさん、ご指導ありがとうございます。
無事にコンパイルできました。

>bin\下に"make.exe"が無いのが根本的な問題だと思います。

原因はこれでした。make.exeとlibintl3.dll、libiconv2.dllをD:\SDR-3\ARM\bin\の下に移動させることでうまくいきました。

ARM-GCC用DOS窓utf-8.batでのpath設定は、お二人から教えていただいたように修正をしました。

.hexファイルが出来て、何となくプログラマーになったような気分になり、年甲斐もなくニコニコしてしまいました。

これで、次のステップに進めそうです。
ありがとうございました。

Re: 開発環境構築について教えてください - やどさん

2018/12/16 (Sun) 22:37:29

ご隠居爺さん 笛吹きおじさん こんばんは!

無事コンパイルできたとの事、よかったです!

ホント、エラー無く.binとか.hexファイルが生成されると それだけで嬉しくなっちゃいます。

SDR-3はOjisankoubouさんのプログラムが凄いのですが、

それに加えてji1uddさんは、
・CWモード追加とそれに付随する機能と
・Sメータ表示機能も追加して、

ステップ毎にソースをカット&ペーストだけで機能追加できるように公開して下さいました。

これがまた、ソースを修正してコンパイルする度にニコニコ嬉しくなりますので、、、是非お試し下さい!

・参照URLが下記スレッドにあります。
 SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd 2018/11/18 (Sun) 16:28:10
 >https://github.com/ji1udd/SDR-3

//

Re: 開発環境構築について教えてください - 笛吹きおじさん

2018/12/16 (Sun) 23:15:07

ご隠居爺さん、今晩は。
コンパイルが上手くできたようで、良かったですね。
アップデートのネタは沢山ありますので、お楽しみ下さい。

その後のご報告を - じょうさん

2018/12/16 (Sun) 14:44:12

ji1uddさん、やどさん、皆様方へ

先日、このBBSで「SDR-3組み立て後のトラブルについて」で色々アドバイスを受け、問題解決した者です。
その折は大変お世話になりありがとうございました。

その後、リニアアンプやケース製作を行ないました。
他の諸氏もすでにケース製作についてTIPS等紹介されて
いますが、私の事例もご笑覧いただければと思い投稿しました。

「ケースについて」

1.オーディオ機器をイメージし外箱を木製(100均材料)
2.細かい寸法合わせが苦手なため、少し大きめのケース
  リード製、P-2アルミシャーシ(裏ブタ付き)を2個
  スタックにしました。サイズ150x100x50を2個。

3.前面シャーシにSDR-3、後方シャーシにリニアアンプ
  を格納しています。

4.前面シャーシのSDR-3内には、アルミパネルをはさ
  みSDR-D基板、SDR-A基板を取り付けています。
  余剰の裏ブタでこのパネルが作製できました。

「その他、こまごまと」

1.SW類は、プッシュスイッチを8個に前面パネルに配置
し、SDR-3D基板のタクトSW端子から配線延長し
ています。SW9(Reset),SW10(Boot)はシャーシ下部に、CN3ととも延長し、ケース外部からファーム更新ができるようにしました。

2.ロータリエンコーダシャフトは、汎用の延長シャフト
  (2cm)で延長。長すぎて1cmほど短縮・切断。

3.フィルタ測定のためのジャンパCN2は、リレーをCN2近傍に配置し、リレーを介し前面パネル下部のSWでN,OFF。
アナログ回路の延長の不具合回避。念のため。

「今後のこと」

近々、スペアナが使用できる機会がありますのでスプリアス測定(リニア含めて)し、認定申請できればと思っています。
今のところ夢(!)ですが、ソース、ji1uddさんの貴重な
パッチが読みきれ(理解)できれば、ソフトの追加、改造で、2バンド化(7,14等),PCとの接続(ハード追加必要。。)でPCからリモート制御できれば等と夢が広がります。
目下、ソフトの開発環境を準備中です。


SDR-3キットは暇あり、金なしの小生に絶好、最適キット
であると思います。しかも、このBBSのOM諸氏のサポート
で至れり尽くせりですね。

また、いろいろ情報を共有できればと思っています。
よろしくお願いします。

Re: その後のご報告を - やどさん

2018/12/16 (Sun) 22:59:07

じょうさん 今晩は!

そうか!安価なアルミシャーシを二つ使うというアイデア、
 リニアアンプとシールドもできるし一石二鳥ですね。

木製枠を付けた感じが、APB-3 スタンドアローンキットを彷彿とさせるようなデザインで良いですね。

自分は LEADのPL2と云うアルミケースを買ったのですが、、
どうもしっくりこなくて、未だ加工しないまま放ってあります(モッタイナイ)
二次電池を内蔵するポータブルトランシーバーにしたいのですが、、

色々なアイデア 参照させていただきます。

>SDR-3キットは暇あり、金なしの小生に絶好、最適キット

そうですよね、
自分もFPGAを使ったSDRはハードルが高かったのですが、SDR-3は性能も良くて安価に作れて、自分なりのトランシーバに出来そうなのが嬉しいです。

//

Re: その後のご報告を - 笛吹きおじさん

2018/12/16 (Sun) 23:12:39

じょうさん,こんばんは。
いやー力作ですね。
アルミシャシーを2段重ね、考えましたね。リニアとエキサイタのシールドも完璧になりますし、回り込みに効果がありそうです。
木製の外箱もなかなか味のある色です。


私はおじいさんもいいとこで、金属加工は出来ませんのでもっぱら、木材工作です。
アルミテープを貼ってシャーシもどきにしてます。
8個のSWの配置を何処にするか?結構迷います。それとRESET SWと USB I/Fは簡単に押せ、USBの着脱が外部から支障なく出来る場所にする必要がありますので、これも色々考えますよね。

電波を早く出せるといいですね。
私は、住まいの関係でアンテナもありませんので、受信もままならない状態です。
何とか、したいところですが、、、、

取りあえずは、1~2Wのアンプを作ろうかと考えています(何時のことやらですが)。
今後ともよろしくお願い致します。


LCDの互換性でわかる方いたら教えてください。 - yama

2018/12/10 (Mon) 13:29:12

LCDの互換性でわかる方いたら教えてください。
Amzonで3.5インチのLCDが売っていますがこれコネクターの配列や信号か同じなのですが互換性はあるのでしょうか?
https://www.amazon.co.jp/dp/B075FQRBXX/?coliid=IXP0BHVK7GQFV&colid=25C5FVKUUHHR5&psc=0&ref_=lv_ov_lig_dp_it

https://www.amazon.co.jp/dp/B077TM4XX8/?coliid=I1DT6C0CVLUPLL&colid=25C5FVKUUHHR5&psc=0&ref_=lv_ov_lig_dp_it
使えるなら大きくして見たいです。

Re: LCDの互換性でわかる方いたら教えてください。 - やどさん

2018/12/16 (Sun) 22:26:27

yamaさんこんにちは。

単純に「2.4インチの表示画面をそのまま、3.5インチの大きな画面で見たい」ですよね?

ちょっとググってみたら、
 3.5インチLCDは 320x480ドットで、コントローラがILI9481でした
SDR-3の
 2.4インチLCDは 240x320ドットで、コントローラはILI9341など

端子はコンパチみたいですが、表示はドット数とコントローラが違うので、置き換えは無理そうです。

//

SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd URL

2018/11/18 (Sun) 16:28:10

皆様、こんにちは。

トランシーバー画面にアナログタイプのSメーターを追加してみました。画面が小さいので出来栄えはそれなりですが、ちょっと面白いかな?です(^^;)
針の動きがわかる短い動画もアップしてみました。https://youtu.be/1n_nr6gkMBo

今回のパッチ情報もいつもと同じ git に Step13として置きましたのでご興味がありましたら試し下さい。
https://github.com/ji1udd/SDR-3

あと、git に付録として 付録DVDベースで周波数変更時のポップアップを止める Tips を書いておきました。しかし、改行が上手く入ってないです...後日修正します。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 やどさん

2018/11/18 (Sun) 20:48:13

ji1uddさん 今晩は!

うわー!これはステキ過ぎます!

今日は寒気がして調子がイマイチでしたが、
STEP13適用でなんか元気が出てきましたー!!

今、ハイウエイ北京を聴きながら書いてます。
うーん、Sメーター良いですね。

fontの変更まで! ちょっとソースの修正内容についていけませんでしたが、、勉強させていただきます。
ありがとうございます。

アッ、appendix 忘れた!(改行もう直ってましたね)

//

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/11/19 (Mon) 21:30:03

やどさんへ

早速お試し頂きありがとうございます(^^)

Sメータの描画は、スケールの白の円弧を描いて、Over 9の赤の円弧を描いて、1から+40の目盛りの線(法線)を描いて、次に数字を描いて、最後に指針を描いてという方法で実現しています。こんな方法なのでちょっと処理サイクルが心配ではあります。この辺は週末にでも調べてみようかと思ってます。
あと、このような描画方法ではなく、ビットマップでSメータのパネルを描画した方がもっと見栄えが良いSメーターが実現できて描画に必要な処理サイクルも少なくて済むような気もします。
どこかに気の利いたSメーターパネルのビットマップデータがあればよいのですがさすがにないでしょうねぇ...

では、また。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - 笛吹きおじさん

2018/11/20 (Tue) 17:32:40

皆さま、今晩は。
ji1uddさんのstep13を試してみました。基本的には添付の画像がLCDに表示されました。


Step13_radio_settings.h_1txtの下記は
{ 0, 5, "MOD ", " LSB USB AM CWL CWU PSK ", func_mod },// 変復調モード

{ 0, 6, "MOD (以下省略 ) ではないかと思います。

私の所では、LPFを3K以上にすると音が出なくなります。2.8K以下ではOKです。入力ミスかもしれませんが。
以上ご報告万まで。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/11/21 (Wed) 06:37:32

笛吹きおじさんへ

おはようございます。
Step13をお試し頂きありがとうございます。

{ 0, 5, "MOD", "LSB USB AM CWL CWU PSK", func_mod },// 変復調モード
についてですが、
元々のトラ技付録DVDソースコードでは
{ 0, 3, "MOD", "LSB USB AM PSK", func_mod },// 変復調モード
となっています。
列記されているメニュー項目数は4つですが、実装されていないモードのPSKを含めずに3を設定しているようです。
これに習い、6項目ありますが5を設定しています。

> 私の所では、LPFを3K以上にすると音が出なくなります。2.8K以下ではOKです。

私のSDR-3で全てのモード(LSB, USB, AM, CWL, CWU)で3K以上の設定を確認してみましたが、音が出なくなる症状は確認できませんでした。
radio_settings.hを再確認いただければと思います。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - 笛吹きおじさん

2018/11/21 (Wed) 09:45:54

ji1uddさん、お早う御座います。

お騒がせ致しました。上手く行きました。
入力ミスでした。

もう一点、TXにすると赤枠の1番上のラインが残ってしまうようです。
やどさんの画像の左側に赤線が残って居ます。
SW1をON/OFFすると消えますが、その状態でTXを押すと同じ状況になりますね。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/11/21 (Wed) 20:30:59

笛吹きおじさんへ

ご指摘ありがとうございました。バグでした。
git に修正版の Step13_gui_c_2 の jpegとtxt を upload しました。

今回、ボタン表示のルーチンに手を加えているので他にも不具合があるかもしれません。何かお気づきがありましたらお知らせくださいませ。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - 笛吹きおじさん

2018/11/21 (Wed) 21:42:55

ji1uddさん、今晩は。
修正版で正常になりました。
どうも有難う御座いました。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/11/25 (Sun) 17:33:01

> こんな方法なのでちょっと処理サイクルが心配ではあります。

使用されていないLED3ポートを使ってSメータの描画時間を調べてみたところ約1ms掛かってました。トラ技9月号のP.88の解説からUIやFFTなどの処理に使える時間は2.3ms(=5.3-3.1)あるので何とか処理しきれているようです。#実際に音切れもないようです。

> このような描画方法ではなく、ビットマップでSメータのパネルを描画した方がもっと見栄えが良いSメーターが実現できて描画に必要な処理サイクルも少なくて済むような気もします。

Sメーターのパネル(文字盤)のデータをビットマップで持っておき、それを使うようにソフトウェアを修正してみました。処理時間はこちらも約1msで変更前とほぼ同じでした。

パネルのデザインの自由度が上がりましたのでこれまでと同じデザインですが円弧と目盛りの白と赤の線を太くしてみました。

また、ExcelでパネルをデザインしてCソースに取り込むための配列データを出力できるようにしてみました。パネルのカスタマイズをしてシェアしていただけると皆様で楽しめるかなと思います。#結構デザインが難しいですけど...

ということで Step14とExcelツールをgit に置きました。
ご興味がありましたら使って見て下さい。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 やどさん

2018/11/26 (Mon) 23:50:17

ji1uddさん 笛吹きおじさん、今晩は!

亀レス失礼します。

>TXにすると赤枠の1番上のラインが残ってしまう

良く見ていますね! 気が付きませんでした。
ソース修正版に従ってなおします。

>Step14とExcelツールをgit に置きました

これは、試してみねば、、
FT897,857用の中華Sメータを持っているのですが、ネットには絵も転がっていますね。
完全フリーなSメータもありました。
https://kaitaishinsho.blog.so-net.ne.jp/2015-03-20-2

ただ、縦横ビット数が限られているので、PowerSDR風な、長方形ラジケータ様のSメータにトライしてみようかと思っています。

//

Re: SDR-3 Sメーターの追加 やどさん

2018/11/28 (Wed) 00:31:58

今晩は!

こんなSメーター試行してみました。

横方向に動く針だと、sin/cosが不要なので楽でした。
勿論、ji1uddさんのソースお手本が無いと出来なかった事ですが(汗)、、でも嬉しい~!

//

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/11/28 (Wed) 06:34:44

やどさんへ

オリジナルSメーター 良いですね。コールサインも入ってますね(^^)
このタイプだと曲線がないのでジャギーが気にならなくスッキリしますね。
もしよろしければパネルデザイン切り替え式にして組み込ませていただきたいです。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - まきの

2018/11/28 (Wed) 21:47:57

ji1uddさんと皆様 こんばんは。まきのと申します。

初のトランシーバーキット作成です。
こちらのSメータが非常にかっこよかったので、どうしても表示させたくて、本日やっとプログラム修正が終了しましたので、お礼かたがたご報告させていただきます。とりあえず順調に動いているようです。
プログラム修正箇所がすごいですね。びっくりしました。貴重な情報を開示していただきありがとうございました。
小さなケースをつくり、SDR-3と4.5cmスピーカーとスピーカーアンプを入れてみました。(これからCW用ハード改造にかかります。)

Re: SDR-3 Sメーターの追加 やどさん

2018/11/28 (Wed) 22:51:08

ji1uddさん まきのさん、今晩は。

傾斜フロントパネルが良いですね!
市販のアルミケースだとピッタリくる物が無いのですよね…(これも中華に頼るか?なんて)

>もしよろしければパネルデザイン切り替え式に…

お恥ずかしながら、“アナログSメーター”の部分を貼っておきます。
コールを’lcd_draw_str’で書いたらチラツキが出てしまい ビットマップの方が良かったでした。

//--------------------------------------------------------------------
// アナログ Sメーター
//--------------------------------------------------------------------
#define s_meter_origin_x 225 // Sメーターの指針の原点座標
#define s_meter_origin_y 24

// 指針および目盛り線の描画
void analog_s_meter ( int s, int r1, int r2, int color ) { // s:dBu r1:外側 r2:内側
int x0, y0, x1, y1 ;

if ( s < -14 ) // Sメーター用 dBu値 の上下限リミット処理
s = -14 ;
else if ( s > 100 )
s = 100 ;

s = s * 0.8158 + 236.4 ; // -14dBu は 225、100dBuは 318に変換

x0 = s ;
y0 = s_meter_origin_y ;
x1 = s ;
y1 = s_meter_origin_y + 13 ;
lcd_draw_line( x0, y0, x1, y1, color ) ;
}

// Sメーターパネルデーター
#define smeter_pattern_size 282
static int smeter_pattern[smeter_pattern_size]= {
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 0
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 1
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 2
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 3
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 4
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 5
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 6
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 7
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 8
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 9
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 10
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 11
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 12
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 13
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 14
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 15
0x00140015,0x50055501,0x55500554,0x00002A80,0xA8000080,0xA8000000, // 16
0x00540050,0x14050000,0x00501415,0x000820A2,0x8A080282,0x8A000000, // 17
0x00540000,0x14050000,0x01501405,0x00080022,0x02080A82,0x02000000, // 18
0x00140005,0x50055500,0x05400555,0x002A00A2,0x022A2882,0x02000000, // 19
0x00140000,0x14000540,0x15000005,0x00082A82,0x02082082,0x02000000, // 20
0x00140050,0x14000140,0x54000015,0x00082002,0x8A082AA2,0x8A000000, // 21
0x00140015,0x50055500,0x50000554,0x00002AA0,0xA8000080,0xA8000000, // 22
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 23
0x00000000,0x00000000,0x00000010,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 24
0x00000000,0x00000000,0x00000010,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 25
0x00100001,0x00001000,0x01000010,0x00000008,0x00000008,0x00000008, // 26
0x00100001,0x00001000,0x01000010,0x00000008,0x00000008,0x00000008, // 27
0x00100001,0x00001000,0x01000010,0x00000008,0x00000008,0x00000008, // 28
0x00100001,0x00001000,0x01000010,0x00000008,0x00000008,0x00000008, // 29
0x00100401,0x00401004,0x01004010,0x00000008,0x00000008,0x00000008, // 30
0x00100401,0x00401004,0x01004010,0x00000008,0x00000008,0x00000008, // 31
0x00100401,0x00401004,0x01004010,0x00000008,0x00000008,0x00000008, // 32
0x00100401,0x00401004,0x01004010,0x00000008,0x00000008,0x00000008, // 33
0x00100401,0x00401004,0x0100401A,0xAAAAAAAA,0xAAAAAAAA,0xAAAAAAA8, // 34
0x15555555,0x55555555,0x5555555A,0xAAAAAAAA,0xAAAAAAAA,0xAAAAAAA8, // 35
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 36
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 37
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 38
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 39
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 40
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 41
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 42
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 43
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 44
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000, // 45
0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000,0x00000000 // 46
} ;

Re: SDR-3 Sメーターの追加 ji1udd

2018/11/29 (Thu) 06:36:43

★やどさんへ

コードの提供どうもありがとうございます。
やどさんデザインのExcelファイルも git に置きたいです。Eメールで .xls ファイルをお送りいただけますでしょうか?
組み込む方のデータのコールサインのところはSDR-3とかに置き換えておいた方が良いですよね?やどさんの影武者が現れてしまいますので(^^)


★まきのさんへ

ご興味頂きありがとうございます。じっと見ると粗さがバレるので適度な距離で見てください(^^;)
自作ケースの写真、とても参考になります。LCDとENC/タクトスイッチの高さの違いはLCDモジュール全体をパネルより前に出して対処されたとお見受けします。タクトスイッチの方はボタンをアルミ棒が何かで延長されたのでしょうか?

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - 笛吹きおじさん

2018/11/29 (Thu) 08:48:32

皆さま、お早う御座います。

やどさんのSメータを試してみました。
なかなか良い印象ですね。レベル指針の色が白ではなく別の色の方が目立っていいのかななんて(スミマセン)。
settingでSメータの形式を切り換え出来る様にするのも気分転換にいいのかな?なんて思ったりもしてます。


まきの様のケースもいいですね。アナログ基板は斜めに配置してあるのでしょうか?

Re: SDR-3 Sメーターの追加 やどさん

2018/11/29 (Thu) 20:38:26

今晩は!

笛吹きおじさん

お試しいただいて嬉し恥ずかしです!
写真だと色が飛んでしまいましたが、
radio.cの 511行目辺り 「新しい指針を描画」行で、黄色にしました。→ C16_YELLOW

analog_s_meter( s, 48, 24, C16_YELLOW ) ; // 新しい指針を描画


ji1uddさん

お恥ずかしながらExcelファイルを @jarl.comへメールしますね。
やっつけ仕事で作ったので、おかしい所があったら修正ください。
コールの部分はfont8のビットマップを当てられる様に黄色で示しておきました。

//

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - まきの

2018/11/29 (Thu) 22:30:10

皆さま、今晩は。

やどさんへ、
Sメータのコードありがとうございます。早速やってみました。針は緑にしてみました。いいですね。

JI1UDDさまへ、
細かい所は老眼のため良く見えません(^^);
自作ケースの件はお察しの通りで合っています。
タクトスイッチは3mmのアルミリペットを使って延長しています。詳細の写真は 牧野.jp で検索して、よろしければご覧ください。

笛吹おじさんへ、
アナログ基板はケースの一番後ろに垂直においています。ケースを小さくしたので、改造するときの分解が面倒です。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd URL

2018/12/01 (Sat) 10:35:41

settingメニューでS-Meterに関する設定をできるようにしました。

1) やどさんデザインのS-Meter(タイプ1としました)が選択できます。
2) 指針は8色の中から選択できます。
3) やどさんデザインのS-Meterを選んだ場合は指針幅を選択できます。1ドット幅か2ドット幅かです。#笛吹きおじさんのアイデアを反映させて頂きました。

git に Step15として置いてあります。
https://github.com/ji1udd/SDR-3

ご興味がありましたらお試しください。

尚、オリジナルパネルデザインは継続募集しております(^^)

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/12/01 (Sat) 11:18:01

まきのさんへ

牧野.jp を拝見しました。
11/28のまきのさん投稿のお写真を見るとケースサイズどのくらいなのかイメージが今ひとつ わかなかったのですが、実際はかなりコンパクトなケースなのですね。各種SW類も追加されていて参考になります。
また、アルミリベットを使用して延長されているとの情報ありがとうございました。私もこの手を使ったことがあります。まきのさんのケーシングを見て今回もこの手に傾いてまいりました。
では、また。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - まきの

2018/12/01 (Sat) 23:04:18

ji1uddさまへ

ご覧いただきありがとうございました。SDR-3の本体が小さくまとめられていましたので、ケースはなるべく小さくしたいと思いこのサイズになりました。現物合わせで作成したので、きれいにはできていませんが雰囲気をわかっていただければ幸いです。
コンパクトに作ったのは良いのですが、今回(今日)CW用のハード追加や電源ノイズ修正のため分解したら、整備性が悪いことが改めて確認された感じです。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 やどさん

2018/12/01 (Sat) 23:51:55

皆様、今晩は!

Step15リリースありがとうございます!
先ほど、コンパイルエラーなどと格闘の後(記述間違いでした)ちゃんと動きましたー!

笛吹きおじさんの仰るようにメータタイプや針の色に太さも変えられて、さらに面白くなりましたね。
とっても良いです!

まきのさんは、アルミリベットをボタンの延長に使われているとの事、これは知りませんでした。
実物見に行ってみたいと思います。

そう、ケーシングを考えると、液晶面からロータリーエンコーダのシャフトが5mm位しか出ないので、シャフトの延長を考えていたのですが、

ホームセンターで買った0.5mm厚のアルミパイプが使えそうです。外径7mmと6mmをつなぎ合わせるとうまい具合にシャフトの延長ができそうです。

外径5mm内径3mmのABS丸パイプ使えるかな?と買ったのですが、タクトSWのボタン延長できそうです。
内径を3.5mmのドリル刃で拡げてやると、タクトSWの押す部分にハメられる様になりました。

//

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/12/02 (Sun) 09:36:13

★やどさん、笛吹きおじさんへ

早速お試し頂きありがとうございました。無事動作しているようで安心しました。


★やどさんへ

エンコーダのシャフト延長とタクトスイッチのボタン延長のアイデアの提供ありがとうございました。
自分の方はSDR-3基板を見ながら相変わらずモヤモヤしています。タクトSWは別基板に載せるようかなとか、3.5mmのジャックもCW Keyerパドル用を含めて全面に出そうかな、などです。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - まきの

2018/12/03 (Mon) 23:23:36

もうすでに実装されている方もいると思いますが、やどさんのSメータをちょっといじらさせていただきました。
プログラムの知識が無いので、無理やり形だけ作っています。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/12/04 (Tue) 06:59:54

まきのさんへ

指針をバー表示にするアイデアですね。
もしよろしければ指針タイプのバリエーションの1つとして組み込ませて頂ければと思います(よろしければソースコードを教えて下さいませ)。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - まきの

2018/12/04 (Tue) 20:14:46

ji1uddさまへ

採用して頂けるのなら、よろしくお願いします。
一応ソースコードは以下の通りです。

radio.c ----------------
#define s_meter_type2_origin_y 24 // Sメーターパネル TYPE1用
void analog_s_meter_type2 ( int s, int s_meter_needle, int color ) {
int x0, y0, x1, w0 ;

if ( s < -14 ) // Sメーター用 dBu値 の上下限リミット処理
s = -14 ;
else if ( s > 100 )
s = 100 ;

s = s * 0.8158 + 236.4 ; // -14dBu は 225、100dBuは 318に変換
x0 = 225 ; // xの原点 -14dBu
y0 = s_meter_type2_origin_y + 5 ; // yの原点
x1 = s - 224 ; // バーの長さ
w0 = 6 ; // バーの幅
lcd_draw_rectfill( x0, y0, x1, w0, color ) ;
}
-----------------------
lineを6本引くような力業でもやってみたのですが、どちらにしてもちょっとちらつきます。どのようにしたらちらつかなくなるのでしょうかね?

パネルデザインはやどさんのものをほぼ利用しています。違いは2,4,6,8などの短い指標を3ドット伸ばしただけです。

SDR-3 チューニング操作の早送り設定の件、早速利用させていただいています。便利になりました。ありがとうございました。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 ji1udd

2018/12/05 (Wed) 06:50:51

まきのさんへ

コードの提供ありがとうございました。
早速試してみたところ確かにちらつきが発生していますね。

原因ですが、時間的な都合もあり未解明です。
思い付きとしては、今のSメーターは
lcd_draw_pic( 略 );
でSメーターパネル全体を描画(即ち指針を一旦全部消去)し、
analog_s_meter_type( 略 );
で最新の指針をパネルに上描きするという手順で実現しています。そのため、旧指針を消去して最新指針を描画する間に優先度の高い受信信号処理の3.1ms(トラ技術9月号のp88)が割り込むとちらつきが発生するのかな?と考えたのですが、SW4を押してRXテスト信号(約S9+40dB)を継続的に受信している場合はちらつかないように見えます。したがって割り込み処理が発生しているためではないようです。別の原因としては、Sの値が急に増えたり減ったりしたときにちらついているのかな?と考えています。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ぎょふん

2018/12/05 (Wed) 11:10:25

まきのさん
JI1UDDさん

 初めて投稿させていただきます。

 私も数日前からバーグラフにトライしていました。
 ビットマップのスケールとグラフのエリアを分けて、後者のエリアはリフレッシュをしないようにし、グラフはdraw lineで描画したところ、ちらつきも無く動いてくれました。
 sが直前より大きい場合はグラフの左端から上書きさせ、小さい場合は不要な部分を黒の線(C16_BLACK)で右端からで順に消す(上書き)ようにしました。
 こうすると動きもいくらかスムーズに見えます。
 代償として負荷が大きくなるのですが、受信音やFFTの描画はOKのように思えます。
 負荷はsの変化量によって都度変わると思いますが変化の大きい強力なCWが鬼門でしょうか。
 解析的に吟味する力量がありません。

 スケールとバーが交差しないデザインなので、ビットマップは全エリアともリフレッシュ不要で、最初に一度書けば良いと思いますが、今回はグラフのエリアのみリフレッシュを停止にしました。
 リフレッシュのデータ量を30行分にしただけです。(そうなっている筈という思い込みです)

 初プログラムにチャレンジしましたが、汚いコードなので素人なりに週末までには見直したいと思います。
 由緒正しい方法にできないかも知れませんが。。。。。
 ソース公開できましたら、添削していただければ嬉しいです。

 追申)
 ・何故かスケールのs9辺りがずれてしまいます。
  2回やり直しましたが駄目で、原因調査中です。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - まきの

2018/12/05 (Wed) 18:30:03

ji1uddさん、
ちらつく件ですが、原因が良くわからないです。良く見ていると○○dBuと表示されるところも同じようなタイミングでちらちらしているような気もしますし、以前、やどさんのレスでも
>コールを’lcd_draw_str’で書いたらチラツキが出てしまい
とあったので、sの変化というより割り込みのほうかな?とも思ったりもします。もうちょっと検討と実験をしてみます。

ぎょふんさん、
きれいにデザインされていますね。私のやっつけ仕事が恥ずかしいです。ちらつきについては現在のリフレッシュを少なくして平均化するなどの方向で安定化を目指したいと思っていますが、検討中です。お知恵をお貸しください。
私もCをいじるのは初めてなので、コード全体を眺めてどこから手を付けてよいのか模索しながら実験中です。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/12/05 (Wed) 21:12:42

まきのさん、ぎょふんさんへ

手持ちのアンテナアナライザをSGとして使い、ATT経由でSDR-3のアンテナ入力に接続してバー表示の動作を確認してみました。信号強度が+40dBの時だけでなく、例えばS8とかS9の時でも信号強度が一定であれば、ちらつきは発生しないようです。しかしATT量を変化させている瞬間ではちらつきが発生します。割り込み処理が原因であればこうはならないと思うのですが、依然原因わからずです。

他方、ぎょふんさんの手法は「本来こうあるべき」的な手法であり好ましいと思います。ご指摘の通り指針とオーバーラップしないところは1度だけ描画すればよいのでトータルの処理時間もセーブできると思います。完成しましたら是非試させてください。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ぎょふん

2018/12/05 (Wed) 23:31:05

JI1Uddさん
まきのさん

ぎょふんです。

一応コード整理しました。
怪しいですが、何とか動いてます。
イリーガル処理は何もしていませんので時々おかしくなる可能性が残っています。
cの作法についてはご指南いただければ幸いです。
ここは、本来Cの勉強場所ではないですが。。。。

さて、散らかった改定部分をベタで張り付けるとややこしく、且つ、長いのでradio.c丸ごとお渡ししたいのですが、良いすべが無いことに気づきました。
何か手段ありましたらご教示ください。
GITとかをやれば良いのでしょうが。。。
無ければ、即改定部分をupさせていただきます。

まきのさんの_rectfillの方法も、グラデーションなど面白いことがやりやすい気がします。
平均化は1dB刻みを細かくして小刻みにメーターを描画するということでしょうか。
興味がわく案ですね。多分2か3くらいのサンプルで平均しないとSSBなどは変化が見えにくくなる気がしますが、そのあたりがいじりどころで楽しめそうですよね。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 ji1udd

2018/12/06 (Thu) 06:54:00

ぎょふんさんへ

ご連絡ありがとうございます。
手短ですいませんが、投稿者のところに貼り付いているEメールアドレスにお送りください。radio.c と エクセルファイルもお願いいたします。

> cの作法についてはご指南いただければ幸いです。
私もネットでCの書き方をサーチしながら記述しているレベルです(^^;)

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ぎょふん

2018/12/07 (Fri) 06:49:20

JI1UDDさん

有り難うございます。
そう言うやり方があったんですね。
先ほど送らせていただきましたので、宜しくお願い致します。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - まきの

2018/12/07 (Fri) 21:24:29

ji1uddさん、ぎょふんさん
バーメータをちらつかないようにするため、色々と試していましたが、一番効果があったのはぎょふんさんのやられていたバーを描画するエリアをメータ描画枠から外してリフレッシュさせないでした。また、バーメータ下の○○dBU表示エリアもメータ描画枠に入れた場合と外した場合を比べましたが、入れた場合はちょっとちらつきますが、外すときれいに見えてますので、こちらもメータ描画枠からは外した方がよさそうです。
バーの設計は左端からsまでをcolor指定の色で表示し、s+1から右端までを黒で上書きすることにより実現してみました。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ぎょふん

2018/12/08 (Sat) 11:03:09

まきのさん
こんにちは。

リフレッシュのレートが早ければ問題ないのかもしれませんが、ここは触るところではなさそうですので、まきのさんの仰るとおりの手法が解ということですね。
私はdraw lineのfor loopを回しましたが、rectfillの方がコードがスッキリしそうです。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd URL

2018/12/08 (Sat) 14:01:50

まきのさん、ぎょふんさん、皆様へ

Step16を upload しました。

•Sメーターの種類として 更に2タイプが追加され、合計4タイプとなりました。
•タイプ2は、まきのさんデザインで タイプ3は、ぎょふんさんデザインです。
•ぎょふんさんタイプは、settingメニューで bold を指定すると通常のバー表示にできます。ぎょふんさんのアイデア&インプリです。

あと、ExcelシートのC言語用配列データの生成式に誤りがあった(ぎょふんさんご指摘)のでgitにuploadしてある全てのExcelシートを修正しました。

まきのさんタイプでのちらつきは、目盛りとバー表示のオーバーラップした描画をなるべく避ける手法でなんとかなった感じです。

今回は、radio.cのコードの修正がちょっと多いです。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - まきの

2018/12/08 (Sat) 20:18:41

ji1uddさん

Step16ありがとうございます。早速適用しました。良いですね。アイディアだけで製作部分をお願いした形になってしまいすいませんでした。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ぎょふん

2018/12/08 (Sat) 21:38:51

ji1uddさん
皆さま

step16のリリース有難うございます。

また、やどさんのコードも使わせていただき、特に、s値をTFTのx座標に変換する部分は"なるほど!!"でした。
有難うございます。

bold no のパターンはLEDやキャラクタ液晶流用したデジタル風レベルメータを模したつもりで入れ込んでいただきました。

Re: SDR-3 Sメーターの追加 やどさん

2018/12/09 (Sun) 23:26:00

ji1uddさん まきのさん ぎょふんさん 皆様、こんばんは!

step16適用させていただきました!
バー表示良いですね、
アイデアいっぱいなSメータが選べて、とてもステキです!

写真は、QRPLabs.から届いたHF10WPAキットの特性を見たものです。$26だったので試してみました。

IRF510プッシュプルなアンプなので、SDR-3ポータブルトランシーバーとして使うには、消費電流大でイマイチですが、終段バイアス電流250mAって書いてあったので、1~5WQRPなら使えるかも。
ご参考まで。。

//

Re: SDR-3 Sメーターの追加 - ji1udd

2018/12/10 (Mon) 07:00:01

★まきのさん、ぎょふんさん、やどさんへ
 Step16 動作確認ありがとうございました。

★やどさんへ
 リニアアンプのご紹介ありがとうございました。コストパフォーマンスが良好ですね。IMDを気にしてSSBでは少し出力を抑えられるのかなと思いますが、CWではフルパワー運用も問題ないと思うので良いのではないかと思います。

CW適用後について - まきの

2018/11/29 (Thu) 22:33:47

すみませんが教えてください。

ji1uddさんのプログラムをstep2~step14まで順次行いソフト的な
挙動を確認しながら進めたのですが、アンテナに繋がないまま進めたので
何も受信できなくなっているのがわからないまま進んでました。
現在、SDR-3はCW関係のハード的な追加は一切行っていない状況です。
この状態で、STEP4~STEP14までを適用したものを書き込み、
電源を入れたときにTXになるのはプルアップがされていないから
ということで理解しましたが、TXを解除後に、「受信できなくなる」
(レベルがすごく低い)は正常でしょうか?

今は、STEP2にSTEP13,14を適用したもので動作させて正常に受信できています。

Re: CW適用後について - ji1udd

2018/11/30 (Fri) 06:51:41

まきのさんへ

「SSB Tranceiverで送信ら受信に戻ると受信できなくなる。」のスレッドはご覧になられましたでしょうか?
オフィシャル firmware でご確認頂ければと思います。

Re: CW適用後について - まきの

2018/11/30 (Fri) 07:08:35

ji1uddさまへ

ありがとうございます。5.05V付近の電源であったため、記事は確認していましたが他人事と思っていました。
現在のものでも、オフィシャルでも同様の動作でした。
送信はダミーで行っていたため、受信の変動に気が付かなかったみたいです。
ご迷惑をおかけして、すみませんでした。
週末に基板の対策してみます。
ありがとうございました。

Re: CW適用後について - すーみん

2018/11/30 (Fri) 12:27:05

まきのさん

TXになるのはプルアップが関係しているのですね。

私の場合も電源は5.1V程度でしたが、コンデンサを追加しないと正常動作しませんでした。

Re: CW適用後について - SDR-3 第2ロット

2018/11/30 (Fri) 19:52:44

ji1udd 様、みなさん
こんばんわ。

当方もやっと、step14まで、修正やりました。ji1udd 様、ありがとうございました。

5.2V DC電源供給の場合に、受信に戻った場合、受信できなくなる問題ですが、やっと、RT9193のdata sheetを確認しだしたのですが、300mA CMOS LDO Reguratorで、Current Limiting Protectionが動作する、minimumの電流値が、360mAのよう(typycal 400mA)で、特に、5.2V DC供給だと、このcurent protectionが働く可能性が送信時あるかもしれません。実際に受信時の電流値とSW8を押して、送信に切り替えただけの状態の電流値を測定しました。で送信切り替え後、368mAになっていました。5.000V CV modeでこれなので、5.2Vだとさらに電流値は送信時にあがると思います。あと、RT9193の出力側にたぶん、立ち上がりがはやくなるようだと思いますが、プルダウン抵抗とダイオード R28/D6が付加されているので、ちょっと、current protectionが働くとどう影響するかはすぐにわかりませんが、一回、R28/D6はずしてみてもいいかなとは思います。それか、reguratorを600mAとかのものに交換するとかです。とりあえず、470uFで、step14後もいつもOKならよかったですが、まきのさんの事象は、また、考えなければいけないかと思いました。
一回、600mAに乗せ換えてみようかと考えています。

Re: CW適用後について - まきの

2018/11/30 (Fri) 20:55:59

手元にコンデンサが無いので、取り敢えず入力電圧をどこまで下げたら受信ができるようになるのかを実験してみました。
結果、私のものでは4.85V付近が境界でした。この電圧より低ければ送受信を繰り返しても変化なく、高ければ送信後に受信レベルが落ちました。
ファームウェアは、オフィシャルの20180812版とstep14版ともに大体同じ結果となりました。
現状までの報告となります。

すーみんさんへ、
私も十分理解はできていませんが、本掲示板の「SDR3 でCW(その3)」のスレッドの2018/10/08 (Mon) 17:18:09 笛吹きおじさんの発言近辺をご覧になられましたか?

Re: CW適用後について - SDR-3 第2ロット

2018/11/30 (Fri) 21:32:19

まきのさんへ

受信レベルが落ちる時は、電源をいれなおすと回復するのですか?それとも、Si5351Aは、registerが消えて、再プログラム必要でしょうか?

うちでは、LSB送信モニターで何回か、送信受信やった時は、E3631A 5.000 CV modeで大丈夫でした。
まだ、470uFとか付けてません。LOL
ただ、最初に電源ONにした場合、まだ、CWのkey 接続のプルアップの情報を確認していないので、送信状態で立ち上がりますが、その時、受信が正常にできない場合が時々あります。ただ、コネクターを差し直したら、正常に送信状態になり、SW8押して、正常受信ができるので、Si5351Aのregisterは消えてない様です。

regurator 600mAに交換するのがいいような気はします。

Re: CW適用後について - まきの

2018/11/30 (Fri) 21:51:15

SDR-3 第2ロットさんへ、

Si5351Aのことは残念ながら私は理解できていませんので、現在の状況のみお知らせいたします。
送信状態から受信に変わった後、受信レベルが落ちた場合はオフィシャルのファームウェアですと、電源の入れなおしで受信状態になれば受信状況は復活します。ただ、一度送信にすると、受信送信を何回繰り返しても受信にした時のレベルは落ちたままです。
step14適用後のファームウェアは現在何もハード追加していないので、電源オンで即TXオンとなり、私の場合5V付近では必ず受信レベルが落ちたままとなります。
これらは、現在の状態では、先程投稿したように入力電圧を4.85V以下にしておけば回避できるようです。
明日以降でケミコンつけてみます。

Re: CW適用後について - SDR-3 第2ロット

2018/12/01 (Sat) 00:44:53

まきのさんへ

どうも、状況のご説明ありがとうございます。たぶん、どちらの場合も
http://ojisankoubou.web.fc2.com/sdr-3/shuusei.html#20181008
の内容の
IC7(SI5351) のレジスター内容が消えてしまう
ために、local信号の出力がでなくなり、受信不能になっているのだと思います。
やはり、電圧はさげているほうが精神衛生上いいと思います。Hi
自分も最初に電源をいれたとき、時々、registerは消えないようですが、受信できなくなる時があるので、4.7Vまで、cv mode設定を変更しました。たぶん、可変電源でOKみたいなので、自作5Aシリーズ電源でも、電圧をさげて、その電圧を維持できるのだと確認できました。ありがとうございます。ちょっと、CW用の配線はちょっと、理解に時間がかかっています。
それでは、また。

Re: CW適用後について やどさん

2018/12/01 (Sat) 22:58:48

今晩は!

以前、Si5351Aに近いC65の3.3V電源変動波形を観測した写真をご参考ていどに貼っておきます。

手持ちの電解コンをパラに入れて、3.3Vの跳ね上がり具合を見たものです。
対策しないとTX→RXで、1.1V跳ね上がりました。

3.3Vレギュレータの負荷って、普通に考えると0V側になるので、逆に5V側に引っ張られると応答が悪いのかなぁ?
なんて思いますが、、

コンデンサをパラに付ければ問題ないレベルになりました。

//

Re: CW適用後について - まきの

2018/12/01 (Sat) 23:17:25

皆様色々と情報を頂きありがとうございました。

本日C66にパラに10v10μFのタンタルコンデンサをつけてみました。おじさん工房さまの指示ではセラミックコンデンサとなっていましたが、近くにタンタルコンデンサしかなかったため、タンタルコンデンサをつけて確認したところ症状が落ち着きましたので改めてご報告いたします。現在は入力電圧5.4Vまでテストしましたが、送信後、受信に切り替わっても受信レベルは正常です。
ついでにCW用にR2,R4のプルアップ抵抗取付と回路追加をしてStep14でのCW動作チェックを完了しました。

やどさんへ、
観測写真ありがとうございました。目で見えるとはっきりわかりますね。私は機材を持っていないので写真を見せて頂きイメージがしっかりと理解できました。

Re: CW適用後について - SDR-3 第2ロット

2018/12/02 (Sun) 11:20:12

みなさん、こんにちわ。

やどさん、どうも、情報ありがとうございます。1000uFが効果あるのですね。このまま、RT9193でいくなら、1000uFを当方も付加したいと思います。(今は、16Vのしかないので、470uFが大きすぎて、390uFをC67にパラにつけました)

470uFで、まだ、3.6V DCとか、上がるのもなにか、原因があるのだとは思います。FBを外せば、電流測定できますよね。HI.うーん、どうしようという感じですが。。実際、電源5Vで、受信で270mAあると、3.3Vラインで、409mAかもしれないですし、一回、測らないといけないでしょうか?LOL.あと、FBは、デカップリングと思いますが、7MHzなら、200uHあたりがいいとは思いますが、チップで、200uHが見つからなかったので、一応、100uHを入手しようかと思います。電流測定まで、FB外してやるか未定ですが、実際、400mAとか、current limit typical 400mAをすでに受信で超えていたら、なんだか、まずい様には思いますが、実際は、もっと低いでしょうか。。。一応、R2/R4 つけて、R2左側とC8右側接続で、外付けのエレキー(スクイーズ操作可)がiambicでも、bug/straightのどちらの選択でも送受可能でした。ただ電源を4.7Vから、4.9Vまで上げていった時点で、受信はOKのままなのですが、Bencher keyの操作に反応しなくなりました。C67は、390uFのままです。また、今は、4.7Vに戻しています。

まきのさん、無事、送信後は、受信に正常にもどるようになりよかったですね。うちではまだ、5Vにもあげにくい感じです。

動画を一眼レフのvideo機能で片手でとったので、ピントがあわないのと、ぶれていますが、QRP power meterで終端して、CW操作してみました。見苦しいですがご勘弁下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=Rmfcv3lZ_yM

他の受信機で、モニターしてますが聞こえにくいかと思います。最近、やってないので、CW打てなくなっています。Ele-Keyは、圧電ブザーつけていて、ZERO-IF Transceiverでsidetoneがでないので使ってたのを利用してみました。これは、4.7V DC(CV mode)電源での撮影です。あと、KENPROのSQUUEEEZE KEY KP100も同じようなものなので、2つの接続だけで同じく動作しました。sidetoneが出て、そのtoneを変えられるので、zero inのためにSDR-3のtoneに合わせられると思います。

Re: CW適用後について - SDR-3 第2ロット

2018/12/02 (Sun) 16:26:39

まきのさん、みなさん。
こんにちわ。

当方のQRP Power Meterで、終端させて実験したのが、5Vでも動作がおかしい原因だったみたいで、テストプローブを入手したので、RT9193のVoutとアース間で、デジタルオシロで測定が簡単にできるようなりましたので測定を行いました。それで、いろいろ、拡大表示をしたりすると、30kHz以上で。ランダムなspikeが現れ、persist infiniteで、最大、400mVp-p程度のspikeが現れていました。また、電圧は、いつもでないですが、CW keydown開始時に約3.6Vまで、電圧が短い間、上昇していました。QRP Power Meterの50ohm chip抵抗ではまずくて、4.7Vまでさげないと不具合がおこる感じでした。
きちんとしたダミーで行なった結果、4.7V DC動作でも、RT9193の電圧は、3.3V DCで出力し、送信時の電圧上昇は、約90mVp-pで済みました。4.7V DC供給で、受信時は、約230mA,送信時 310mAほどでした。

画像は、persist infiniteで何度か、短点を出した時の結果です。cursor Y1が受信時電圧、Y2が送信時いつもtriggerがかかっていたかはわかりませんが、電圧変動をdetectした場合の波形です。

今後どうするか、また、考えたいと思います。

Re: CW適用後について - すーみん

2018/12/04 (Tue) 18:37:11

まきのさん

C66にタンタル10v10uFをパラ付けして症状が治まったとことのことで良かったですね。

ちなみに私はC66に35v10uFの積層セラミックチップをパラ付けしました。

電源ONでTXになる件については、「SDR3でCW(その3)」を読み飛ばしておりました。
R2、R4に3KΩを追加して受信になるようになりました。教えていただきありがとうございました。

Re: CW適用後について - まきの

2018/12/04 (Tue) 20:02:51

すーみんさんへ、

問題解決されたようで、良かったですね。
私もわからないことだらけです。皆さんに教えていただきながら少しずつ理解を深めたいと思います。

動作報告? - すーみん

2018/11/29 (Thu) 20:54:07

はじめまして。
APB-1、APB-2、APB-3を利用させて頂いていますが、SDR-3もこのBBSを参考に動作させることができ、Step13までバージョンアップしました。

小川さんは勿論のこと、ji1uddさんを始め貴重な情報やソースを提供してくださった皆さまに感謝申し上げます。

私がはまったのは、初っ端のp9 電源動作確認の「2.テスターで、IC5 のフィンの電圧が3.3±0.1V になっていることを確認します。」でした。
テスター(Sanwa PC7000)でフィン電圧を計っても安定てず、0V近くだったり、5Vを超えていたり・・・。

最初、テスタの故障、テストプローブ線の断線や電池切れ、電源(秋月の小型スイッチングACアダプタ)などを疑ったのですが原因が分からず、IC5のフィンへのリードの当て方で電圧が動くような気がしたので、フィンへの半田追加を行ってその後は無事に安定動作しています。

ただ、電圧が5Vを超えてヤバいと慌てて電源をOFFにして半田付けしてしまったので、測定レンジを間違えていたりとかの単純ミスだった可能性があります。
他の電源を繋ぐとか、別なテスタやオシロで計るとかすれば切り分けができたのですが、今となれば後の祭りです。トラブったときは落ち着かないとダメですね。

フィンの接触が悪くて電源電圧(5V)を超えた出力になることがあるのでしょうか。。(勿論、ACアダプタの出力が5Vであることは確認しています)

Step13まで進めることができ、受信送信ともに恐らく問題ないと思うのですが、電源ON直後に受信ではなく送信モード「TX」になります。まだバージョンダウンしてどのStepから送信になるかを確認していませんが、どこか修正ミスがあるかもしれません。週末にでも確認してみたいと思います。

Re: 動作報告? - すーみん

2018/11/29 (Thu) 21:11:23

チップのマウントミスがあったとのことでしたので、私のチップの写真を添付します。10月30日にFAXで申し込んだロットです。

Re: 動作報告? - すーみん

2018/11/29 (Thu) 21:46:46

連続投稿で申し訳ありません。

make cleanでエラーがでる件では、最初は、del文を並べたbatファイルを別途作って対処していたのですが、最終的には以下のようにmakefileを書き替えました。本当に素人なので、正しいのかどうかはわかりません。

windows環境のmakefileで、linux系のrmコマンドは使えるのでしょうか。。

# 実行ファイルとターゲットオブジェクトを削除
clean:
del *.o bin\$(TARGET).* board\*.o graph\*.o gui\*.o gui\menu\*.o keyer\*.o monitor\*.o netana_bpf\*.o netana_xtal\*.o os\*.o panel\*.o radio\*.o setting\*.o

Re: 動作報告? - ji1udd

2018/12/01 (Sat) 14:13:12

すーみんさんへ

色々と情報ありがとうございました。

> windows環境のmakefileで、linux系のrmコマンドは使えるのでしょうか。。

私のところでは make clean がエラーになりますが、問題なく make clean 実行できている方々もいらっしゃるので makefile に書かれている rm は gun make が解釈して実行しているのだと思います。
他方、私のところでエラーになる原因はわかっておりません。どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて頂きたいと思っています。

Re: 動作報告? やどさん

2018/12/01 (Sat) 23:21:15

すーみんさん ji1uddさん、今晩は。

>> windows環境のmakefileで、linux系のrmコマンドは使えるのでしょうか。。

Windows10だと、OSにLinuxが正式に組み込まれましたので、Linuxコマンドが使えます。

ネットでググって、、イマイチ正確に理解できてないのですが(汗)、Win10なら下記のようにしてSDR-3のコンパイルができます。(ました)


■Windows 10(バージョン1803以降)だと、Linuxのプログラムが実行可能な“WSL”(Windows Subsystem for Linux)が正式にOSの機能に入っています。


DebianとかUbuntuなどのディストリビューションも Microsoft Storeで無料でダウンロードできます。(宣伝じゃないのですが)

自分は、ネットや本屋さんで情報の多かったUbuntu 18.04 LTS を入れています。
このPC環境で、SDR-3のコンパイルができました。


■ネットで検索して使えるようにしたのですが、

・ググる 検索ワードは、
 “Windows 10でLinuxプログラムを利用可能にするWSLをインストールする”
 が良いと思います。
 → 古い情報が多いので今年2018夏以降の情報を取捨選択します

■手順概要は、

0)Windows10のバージョンを確認
 左下隅のスタートを右クリックして「システム」をクリック
 バージョン情報が開いたら下にスクロールしてWindowsの仕様でバージョンを確認
 バージョン 1803 (今年5月くらいのアップデート版)以降ならOK

1)WSL機能を有効にする
 →Windowsの機能の有効化または無効化で「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れて再起動
2)WSLのパッケージ(Ubuntuアプリ)をMicrosoftストアから入手してインストール
 →ユーザー名とパスワードを設定する
3)パッケージを更新する
 $ sudo apt update
 $ sudo apt upgrade (終わるまで時間かかる)
これでUnuntu(Linux)が使えるようになります。


■そして、SDR-3をコンパイルするのに、
 ・ググる検索ワードは、
 “Ubuntu 18.04 LTS Server ARMのGCCコンパイル環境を構築する”で、、

1)ARMのGCCコンパイル環境を構築する
 $ sudo apt install gcc-arm-none-eabi
2)gcc, makeなどの開発ツールをインストールする
 $ sudo apt install build-essential
でOKの様です。

3)あとは、SDR-3_source/ディレクトリに移動して、

 例えば、Cドライブ直下にSDR-3ソースをコピーしてあれば、 
 $ cd /mnt/c/SDR-3_source/SSB_trx
 に移動して、/binディレクトリを作成
 $ mkdir bin
 そして、makeコマンド実行
($ make clean)
 $ make
で、コンパイル出来ました。

//

Re: 動作報告? - ji1udd

2018/12/02 (Sun) 09:12:03

やどさんへ

Win10ならVirtualBoxやVMwareなどをインストールしなくても Ubuntu 18.04を動作させることができるのですね。これは知りませんでした。試してみたいと思い、ググったところディスク容量が20GB程度必要との情報を見かけました。自分のPCでは、ちょっと不足していて直ぐに試せないです。うーん、残念。

Re: 動作報告? - すーみん

2018/12/04 (Tue) 18:39:02

ji1uddさん、やどさん

コメントありがとうございました。
Window10だとLinux環境が使えるのですね!私も知らなかったです。
SDR-3のバージョンアップにWindows10マシンとWindows7マシンを併用しているので、このままDelでいこうと思っています。
尚、Windows7では、ARM-GCC用DOS窓utf-8.batファイルの chcp 65001 がエラーになるので無効にしています。

SDR-3 セミナー - Ojisankoubou

2018/12/04 (Tue) 11:18:58

2019年2月21日(木) 1日コース(10:00-17:00)のセミナーをすることになりました。

https://seminar.cqpub.co.jp/ccm/ES18-0161

すでに SDR-3 キットを購入・組み立てをして、今後活用していこうとしている方向けのセミナーです。

トラ技9月号、10月号の記事をベースに詳細を説明します。
SDR のソフトウェアは本を読んだけでは理解するのが難しいのですが、SDR-3 キットを使って自分の手で実際の信号処理した信号を見ることができますので、どなたでも SDR ソフトウェアで何をしているのかが理解できます。

SDR-3 プログラム書き込み3 齢70のおじいさん

2018/12/03 (Mon) 17:50:37

笛吹おじさん SDR-3 第2ロットさん

お二方の教示のおかげをもちましてプログラム書き込み4まで
終了いたしました。
有難うございました。
またよろしくお願いいたします。

Re: SDR-3 プログラム書き込み3 - 笛吹きおじさん

2018/12/03 (Mon) 19:35:56

齢70のおじいさん、今晩は。
プログラムの書込みが出来たとのこと、良かったです。
今後ともよろしくお願い致します。

Re: SDR-3 プログラム書き込み3 - SDR-3 第2ロット

2018/12/03 (Mon) 22:15:44

齢70のおじいさん、こんばんわ。
よかったですね。HI
自分も途中で、エラーが出て、make fileができないstepがありました。修正したつもりでもエラーがでるので、そのfileは、すべて、最初から、記述追記しました。
まだ、かなりあるんで、無理をなされないようにされてください。

FlashLoader書き込みができません - gaogao

2018/11/25 (Sun) 16:42:53

おじさん工房様
組立マニュアルP.10のFlashLoaderが書きこめません
①SW9,SW10を同時で押し、SW9離し、SW10離し
②ボーレートを速度を変える
③RX,TXを再度確認
すみませんがまずは何から手に付けていいかわかりません。
CN6からの5V入力して3.3V出力のLEDは光ってました。
シリアルはCH340Gを使用しました⇒出力などは問題なかったです。
エラーはNo respon from the target...がでました。
P16.17の別の部品を先に実装していますがこれが問題になっているのでしょうか?
(はんだ付けする環境がなかったため先に進めてしまいました。)
X1の出力は何も出ていませんでした。
初心者のためよくわからないのでご教授お願いします

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/25 (Sun) 17:16:14

gaogao 様

当方もCH340GのUSB-Serial converを持っています。
当方のは、PINのうち、VCCと3.3Vをジャンパーし、
RXDは、SDR-3側 TXに、TXDは、RXに接続しています。
devoce managerで、USB-SERIAL CH340(COM7)などと認識されてますでしょうか?
昔は、CH340は、自分でusb driverを探さないといけなかったですが、Win10では、ドライバーソフトの最新検索で見つけてきて、インストールしてくれました。
つながった場合は、Target is readableが表示されます。

Re: Re: FlashLoader書き込みができません - gaogao

2018/11/25 (Sun) 18:18:30

早速の返信有り難うございます。
win10のpcはcom4で認識してドライバは自動で入りました。
バージョン3.4.2014.8
これでもダメでした。
すみませんが宜しくお願いします。

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/25 (Sun) 18:47:21

gaogao 様

そうですか。
バージョンはうちのと同じです。
当該のcomportのprppertyのうち、イベントと情報で

ドライバーサービスが追加されました
デバイスがインストールされました

とまず、なっている必要があるかと思います。

それでも

情報で
デバイス ***************を使用するには、さらにインストールが必要ですとでているのではないかと思いますが、CH340は、このままでも、target is readableになりますので、本来、これでもいいです。

CP2102のイベント情報で、デバイスがインストールされましたかのコメントか、ドライバーサービスの追加の情報がおかしかったので、その時、行ったことを記しておきます。

propertyから、ドライバーの更新をクリックして、ポップアップしたメニューのうち、
コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索をクリックします。

次に

コンピュータ上の利用可能なドライバーの一覧から選択します

をクリック

互換性のあるハードウェアが表示されるので、それを選択し、次へ

そうすると

ドライバーが正常に更新されましたとなります。

たぶん、再起動する必要があります。

これでいかがでしょうか?

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/25 (Sun) 18:59:46

gaogao 様

これをやった後は、再度、SDR-3Dの2つのスイッチを押して、USB-serial converterを接続したりと初めから、やり直す必要があります。
そのまま、softwareだけ、操作するとだめみたいです。

Re: Re: FlashLoader書き込みができません - gaogao

2018/11/25 (Sun) 19:38:22

SDR-3 第2ロット様
有り難うございます。
USB抜き差しやリセットボタン、ブートボタンをいろいろなタイミングで押したり、はんだも確認してもダメでした。

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/25 (Sun) 21:02:24

gaogao 様

そうですか。
お役に立てなくて、申しわけありません。
当方、IC6が壊れていて、みなさんに助言を頂いて、測定後、原因を突き止めたので、お役にたちたかったですが。。。

ARM processarは、当方は、ARM7TDMIで、FM Tunerを組み立てたですが、9年経っても動作してます。ARMが壊れたと言うのは、可能性としてはないに等しいかもしれません。
途中までの組み立てでも、正しく、実装されていれば、問題ないのではと思います。

どこが原因でしょう。。。

Windows OSは、Win10 Pro 64bit Windpws Version 1809とWin10 Home 64bit Windpws Version 1803で、確認しています。

当方は、結局、USB-Serail Converterは、CP2102の他、FT232R,FT232Xを購入して、converterに問題ないかも調べていました。

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/25 (Sun) 22:10:12

gaogao 様

このARMには、USB-Serial Convereterは、VCC 3.3Vで使用し、5Vをかけると壊れると注意されています。CH340は、ジャンパーで、VCC 3.3Vを選択し、5Vにジャンパーしていた場合は、ARMが故障する可能性があります。FT232Rのものも、3.3V/5V選択スイッチや、ジャンパーでVCC選択するものがあるので、注意が必要です。
CP2102は、大きく、3modeありますが、resetをかけて、default modeでは、内部の3.3V reguratorが使用され、3.3V動作します。今から購入するならば、CP2102が一番安全かと思います。
一度でも、VCC 5Vで接続するとまずいかもしれません。

Re: Re: FlashLoader書き込みができません - gaogao

2018/11/25 (Sun) 22:55:12

SDR-3 第2ロット様
色々アドバイス有り難うございます。
シリアルの電圧ですが3.3vのものを選んで購入したのでおそらく大丈夫と思います。テスターでも3,3vの出力確認できました。あとテラタームでボーレートを遅くして出力が出ていたのも確認できたのでシリアル基板は問題はないのかなと思いました。

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/25 (Sun) 23:18:28

gaogao 様

そうですか。USB-serial converterは、TX,RX反対に接続しても、ARMもUSB-serial converterも、3.3V である限り、壊れないと思います。

もう一回、SDR-3D GND/TX/RXとの接続ですが、USB-serial converter RXD-SDR-3 TX,USB-serial converter TXD-SDR-3 RXに今、なっているでしょうか?

USB-serial converterのPIN表記で、RXC/TXCとなっている場合は、基板内部でクロスしていて、RXC-RX/TXC-TX接続しないといけない場合もあります。CP2102が多くはそのタイプです。当方のCH340は上記の通りの接続ですが、そちらのconverterは、違う可能性もあるのかもしれません。RX/TXを逆につないでどうか、確かめてみてください。

じゃあ、一度も、5Vはかけてないのですね。それはよかったです。

さいごのさいごは、ARM交換ですが、だれも対応してくれなかったら、また、ご相談下さい、たぶん、ARMはintactと考えて、まず、考えたほうがいいとは思います。

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/25 (Sun) 23:32:18

gaogao 様

tera termで、serial port認識したのですね。
それなら、問題ないのかもしれません。

あとは、
デバイスマネージャーで、プロパティの中のビットを115200なり、57600なり、合わせて、さらにパリテイを偶数に変更することです。
これはどうでしょうか?

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/26 (Mon) 11:29:40

gaogao 様

最初にcom portの設定を変更するときに、一回、demonstrator GUIを起動して、それを見て、変更すると思いますが、変更が済んだら、一旦、demonstrator GUIをcloseして終了させる必要があります。そして、SDR-3Dのタクトスイッチを指示された通りして、USB-serial converterを接続し、最後に、demonstrator GUIを起動させます。これで、demonstrator GUIでnextをクリックすると、ARMがreadableになるはずです。
例えば、USB-serial converterを外して、再接続して、そのまま、demonstrator GUIのnextを押しても、ARM readableになりません。demonstrator GUIは、いちいち、closeして、再度、起動させる必要があります。ふつうは、ある開発環境と専用のprogrammer,例えば、ICP programmerを使用する場合は、開発環境のソフトを終了させる必要はないですが、demonstrator GUIは書き込みだけを行うソフトのためか、いつも、最後に改めて、起動させる必要があります。
これでだめなら、タクトスイッチは向きを間違えて、取り付けは、幅が少し違うので、できないとは思いますが、ボタンを押して、導通があるか、一応、テスターで確認されたほうがいいかもしれません。
ARM readbaleになったあと、DVD収録の実行ファイルでなく、新しい後から出た実行ファイルで書き込みを行う場合は、demonstrator GUIで、global eraseにチェックを入れてから書き込みを行うようにしなければならない事が情報として、上がっています。
無事、実行ファイルの書き込みが行えればいいですね。

Re: FlashLoader書き込みができません やどさん

2018/11/26 (Mon) 23:13:51

gaogaoさん はじめまして今晩は。

家にもaitendoで買ったCH340G搭載のUSBシリアル変換モジュールがありましたので試してみました。

結果、問題なくSTM32F4が認識されました。
(COM8/115200Baud, Win10PC, Driver Ver 3.4.2014.8)


>P16.17の別の部品を先に実装していますがこれが問題になっているのでしょうか?

 問題ありません。

>X1の出力は何も出ていませんでした。

 出ていなくてOKです。


もう一度、USBシリアル変換モジュールとSDR-3Dボードとの接続に問題ないか?テスターで導通チェッしてみて下さい。
ボーレートを下げて認識するか確認してください。

それでもダメだと、SDR-3Dボード側を疑った方が良いかもしれません。
ブートモード(USART1)に入っていない可能性があります。

・STM32F4マイコンに電源3.3Vが印加されているか?
・CN3の2ピンTXと STM32F4マイコンのUSERT1_TXピンが470Ωで導通しているか?
・CN3の3ピンRXと STM32F4マイコンのUSERT1_RXピンが470Ωで導通しているか?
・STM32F4マイコンのNRSTピンがSW9押してLになるか?
・STM32F4マイコンのBOOT0ピンがSW10を押してHになるか?
・STM32F4マイコンのBOOT1ピンがLレベルか?

ここまで確認すれば 何がNGか切り分けできると思います。
あとは、確認したことと、書込みできない事をCQ出版社へ連絡した方が早そうです。

//




Re: FlashLoader書き込みができません - ji1udd

2018/11/27 (Tue) 06:49:03

gaogaoさんへ

1つだけ気になるところをコメントさせて頂きます。

USB-シリアル変換モジュール単体でループバックテストはされましたでしょうか?
USB-シリアル変換モジュールのTXDとRXDとを直接線で接続してTeraTermの設定でエコーバックをオフに設定し、TeraTerm上でタイプした文字がTeraTerm画面に表示されるかどうかのテストです。この時にTXD/RXDの信号もオシロで確認できれば更に良いと思います。これがOKなら変換モジュールには問題がないと言えると思います。

Re: Re: FlashLoader書き込みができません - gaogao

2018/11/30 (Fri) 12:08:06

SDR-3 第2ロット様
返信遅くなりすみません

アドバイス有り難うございます。

パリティと速度をかえて
デバイスマネージャーからも実施しまたしたが
ダメでした。


Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/11/30 (Fri) 19:20:55

gaogao 様、やどさん、ji1udd 様 こんばんわ。

まず、gaogao 様、やはり、お声がけいただいた方には、なんらかのresponseをされることを当方は希望します。
できないときはできないで全然、構いませんし。
当方もはじめ、回路図だけ見ていて、かなり、迷惑かけました。最初、基板を見たとき、小さくて、部品が裸眼でよく見えず、ICのPINの同定ができませんでしたが、だんだん、なれてくると思います。

当方のCH340は、ビニールでカバーされていますが、されてなくても、測定したことないです、やどさん。Hi.
gaogao 様、今回はできるだけ、テスターで測定したほうがいいかもです。

ji1udd様、それも確認して、converterが通信しているのをできれば、確認したほうがいいと当方もおもいます。

このSDR-3は、CQ出版社に電話したら、お話は聞いてくれるはずです。ただ、通常、CQ出版社の書籍の付録評価ボードは、昔は特に自己責任で、CQ出版社がなにかしてくれるということはなかったので、すべて、自力でやるしかなかったです。今回の基板は、実装に不備があることがときどきあるので、ARM以外の他の可能性が除外できたか、自分ではどうしようもない場合は、CQ出版社に相談していいかと思います。
どうもないと返ってくる可能性も可能性としてはあるかもしれません。当方に連絡する手段を用意いただければ、こちらで見るだけはしてもいいです。なんとか、なればいいかなーと思っています。

Re: Re: FlashLoader書き込みができません - gaogao

2018/12/01 (Sat) 09:29:56

SDR-3 第2ロット様、やどさん、ji1udd 
おはようございます。
色々アドバイス有り難うございます。
掲示板の次のページに貴重な情報拝見いたしました

やどさん、ji1udd 様
大変失礼いたしました。

今後も宜しくお願いします!

Re: FlashLoader書き込みができません やどさん

2018/12/01 (Sat) 22:45:16

今晩は!

gaogaoさん まだ旨く書込み出来ないでしょうか。
がっかりしちゃいますよね。。
気を落とさずCQ出版とかここに書込んでみてくださいね。

//

Re: Re: FlashLoader書き込みができません - gaogao

2018/12/02 (Sun) 11:23:16

やどさん
ご心配頂き恐縮です。
以前にsdr-3の基板側のブートモード確認ようやくできました。テスターすらなかったので確認が遅くなりました

・STM32F4マイコンに電源3.3Vが印加されているか?
→はい
・CN3の2ピンTXと STM32F4マイコンのUSERT1_TXピンが470Ωで導通しているか?
→okです
・CN3の3ピンRXと STM32F4マイコンのUSERT1_RXピンが470Ωで導通しているか?
→okです
・STM32F4マイコンのNRSTピンがSW9押してLになるか?
→okです
・STM32F4マイコンのBOOT0ピンがSW10を押してHになるか?
→low
・STM32F4マイコンのBOOT1ピンがLレベルか?
→low
CQ出版と連絡取ってみます。
宜しくお願いします

Re: FlashLoader書き込みができません - ji1udd

2018/12/02 (Sun) 12:54:28

gaogaoさんへ

>・STM32F4マイコンのBOOT0ピンがSW10を押してHになるか?
>→low
SW10を押した時にBOOT0端子が"H(3.3V)"にならないのでは、STMマイコンは書き込みモードにならないです。

なので、SW10を押していない時に
1)R30(1kΩ)の両端子共に"H"か?
2)SW10のR30側は"H"か?
3)SW10のSTMマイコン側は"L"か?

同様にSW10を押している時に 1)~3)が"H"なのか"L"なのかを調べてみては如何でしょうか?

Re: Re: FlashLoader書き込みができません - gaogao

2018/12/03 (Mon) 14:58:01

ji1uddさん
ご親切に有り難うございます。

折角皆さんに教えて頂いていますが
唯一の測定できるテスタも調子がわるいので
連絡遅くなりすみません。

CQ出版にはソフトが書き込めないこと連絡しました。

Re: FlashLoader書き込みができません - SDR-3 第2ロット

2018/12/03 (Mon) 22:06:19

みなさん、こんばんわ。

gaogao様

ji1udd様ややどさんの書き込みは、ARM以外の周辺部品がだいじょうぶかどうかも調べてみようと言うことなんだと思います。当方も、ICが壊れていて、しらみつぶしに調べました。LOL でその時、思ったのが遠視で拡大鏡の確率を前よりあげないとシルク印刷がおおきな文字で見えないということでした。もし、シルク印刷が裸眼で確認しずらい場合は、なにか、拡大鏡を購入したほうがいいかもしれません。そうとは言え、我々が、直接に責任があるのは、タクトスイッチをしっかり、はんだ付けして、コンタクトをしっかりさせて、押して、働くようにすることです。このタクトスイッチをはんだ付けする時、スルーホールのどこまではんだ付けするのが確実か、わからなかったので、フラックスを塗布して、いつもより、20度温度をあげて、少し、太いはんだこて先ではんだ付けを奥まで流し込むようにしました。送る前に、再度、タクトスイッチは、はんだを付加してもいいかもです。
ただ、できれば、ARMの周辺の部品は、拡大鏡で目視をして、はんだ付け不良がないかも確認できたらしたほうがいいです。少し、今回と同様のことを確認しないといけないかもですね。テスターはとりあえず、1000円とかのでいいと思います。当方は見えるかどうかがまず、問題でした。書き込みモードに切り替ってないようですね。また、どうだったか、書き込んでください。動かせるようにしましょう。

SDR-3 部品配置情報 ji1udd

2018/12/03 (Mon) 21:23:25

Ojisankoubou 様へ

ケース製作を検討するにあたり主要部品のPCB CAD上の座標を頂くことは可能でしょうか?
座標を頂きたい部品は下記になります。
<SDR-3D基板>
・ロータリーエンコーダ 2個
・タクトSW(1~8) 8個
・LCD接続用ピンヘッダ(4個ありますがどれか1個で結構です)
・取り付け穴 4個

<SDR-3A基板>
・CN7(SMA)
・取り付け穴 4個

よろしくお願いします。

S-Meter 追加最新版STEP15 - 笛吹きおじさん

2018/12/01 (Sat) 18:06:24

ji1uddさん、今晩は。
Sメーター追加(STEP15)しました。

Sメータのタイプ切り換え、指針幅、色も簡単に変更が出来て、なかなか面白いです。
残念なのは、私の所はアンテナが有りませんので、実際の受信が出来ない事です。

今や色々機能が追加されましたので、Stepが15までになりました。私は最初から追随してますので、機能の追加は簡単なのですが、最初から機能追加をされる方は結構大変かと思います。
ゆっくりおやりになることをお勧めいたします。

齢70のおじいさんへ
もう少し作業の状況をお知らせ頂けば、皆様から的確なご回答がいただけるかと思います。



SDR-3 プログラム書き込み 3 齢70のおじいさん

2018/12/01 (Sat) 17:13:28

SDR-3 第2ロッとさん、笛吹おじさん

お二方ともご教示ありがとうございました。
然るに全くの初心者でありどこをどうしてよいやら、の
状態でありもう少し勉強してトライしてみたいと思います。
お手数おかけいたしました。

SDR-3 チューニング操作の早送り設定 - ji1udd URL

2018/12/01 (Sat) 12:12:20

チューニング操作の早送り設定のTipsになります。

CWではF.Step は10Hz、SSBだとF.Stepは100Hzを設定される方が多いのではないかと思います。ロータリーエンコーダの早回しによる周波数の早送り機能はすでにオフィシャルfirmwareに組み込まれているのですが、ノブを結構早く回してもあまり早送りされません。
エンコーダーが早回しされているのかの判定レベルとして現在3が設定されているのですが、どうもノブを早回ししてもなかなか3に至らないようです。ということで判定レベルを2に下げてみたところ良さそうな感じでした。また早送りも5倍速となっていますが、F.Stepが 10Hz等小さいと不足な感じでしたので10倍速にしてみたところこちらも良さそうな感じでした。

具体的な修正箇所は main.h の ACCELとACCEL_THです。
gitの README.md の 付録にも掲載しておきました。

興味がありましたらお試しください。

SDR-3 プログラム書き込み 3 齢70のおじいさん

2018/11/29 (Thu) 18:03:18

はじめまして。
ステップ3で、フアイル選択ボタンを押しても”実行ファイルフオルダー”が出てきません。
小生の手順の誤りと思いますが、初めてなもので
ご指導よろしくお願いします。

Re: SDR-3 プログラム書き込み 3 - 笛吹きおじさん

2018/11/29 (Thu) 20:33:38

齢70のおじいさん、今晩は。
main.hexを置いたフォルダーを指定し、右下のファイルを選ぶところでxxx.hexを選べば、フォルダにmain.hexが表示されます。

Re: SDR-3 プログラム書き込み 3 齢70のおじいさん

2018/11/30 (Fri) 14:55:40

笛吹おじさん
早速のご指導ありがとうございます。

これから実践したいとおもいます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Re: SDR-3 プログラム書き込み 3 - SDR-3 第2ロット

2018/11/30 (Fri) 19:33:17

齢70のおじいさん、こんばんわ。

setp1.step2では、makeできていることから、command promptで、makeしたら、hex fileなどができず、なんらかのerrorがでているのではないですか?
そうだと、errorがでているfileを修正するより、それを削除するか、どこかフォルダに移しておいて、同じ名前のcやh extensionを元のDVD sourceから、コピーしてきて、それにはじめから記述追加したほうがいいかと思います。

やどさんSメーターModify - 笛吹きおじさん

2018/11/30 (Fri) 12:36:08

そんなに大袈裟なものではありません。
メータ指針を目立つようにして見ました。

お助けください けろけろおけ

2018/11/06 (Tue) 20:52:16

おじさん工房さま

 SDRを勉強したいと思いSDR-3を購入して、初期プログラムをインストールし正常に動作していましたが、エンコーダの回転方向を修復するため、main20180821のソフトをインストールし直しましたところ、画面は正常なのですが、BPFもXtal特性も測れなくなりました。
もちろん受信も送信も上手くいきません。
ただ、送信モードでは、レベルが -10dBm程度ですが7MHzのキャリアー表れます。エンコーダで周波数可変ができます。
ちなみに、Si5351Aの故障と思い交換しましたが変化ありませんでした。
当方の力不足て解決の糸口が見いだせません。
お助けてください。
下記は、ターミナルモードで読み取ったデータです。
ID=00000000
00=00000000
04=00000000
D3=00009341
LCD=00009341
SDR-3 20180812 SSB_TRX (c)Ojisankoubou
ch memory restored
setting restored

>STACK REMAIN: 1392
STACK REMAIN: 1336
STACK REMAIN: 1328
STACK REMAIN: 1304
STACK REMAIN: 1296

Re: お助けください 相模のおじさん

2018/11/09 (Fri) 23:30:46

SDR-3 第2ロットさん

T1/T2のインダクタンスの件ですが、測定してみました。
DE-5000(秋月のLCRメータ)f=100KHzでの値です。
 31.2μH/7.5μH Q=8 でした。

大雑把な測定ですが、T1/T2に問題はないのではと思いますが・・・。

大分前になりますが同様の現象で、RLの接触不良が原因だったとの情報が上がっていました。
これを見て、組み立て前にSW類をチェックした所、エンコーダのプッシュSWの接触不良が見つかり、交換してもらいました。

参考になるといいのですが。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/09 (Fri) 23:57:58

相模のおじさん 様

どうも、コメントありがとうございます。
どうも、T1/T2のインダクタンス値の測定をありがとうございます。そうですねーうちのでもよさそうですね。HI.エンコーダーのプッシュスイッチは働いているようです。どっか、リレーの異常かもですね。メカニカルとICのがあるので、また、考えてみたいと思います。ありがとうございました。

笛吹きおじさん 様

実際、CN5で、12kHz出力しているか、30kHz LPFかけて、オシロで見ましたが、48mVp-pとかでてなくて、測定不能でした、黄色波形は、100kHz sine wave 50mVp-pです。ほんとに出てません。HI.
test signalはditgital osc average計測で、16.8mVp-pで、20mVp-pより若干低い程度です。
情報、ありがとうございました。

Re: お助けください - 笛吹きおじさん

2018/11/09 (Fri) 23:58:39

手作りのLメーターで基板に取り付けた状態でT1が両方共22.5uH、T2が23.5uHくらいです。

センターについては測っていません、取り付け状態では測れないので。

CN2は47オームでターミネートされていますので470ではなく47オームではないかと思いますが。

Re: お助けください - 笛吹きおじさん

2018/11/10 (Sat) 00:19:25

T1の波形です。
上の画像がクリスタルフィルター側で下がIC5側です。

Re: お助けください やどさん

2018/11/10 (Sat) 00:34:25

SDR-3 第2ロットさん 今晩は。

T1,T2ちょっと見てみました。
3Tバイファイラーで、32.3μH、34.2μHでした。
但し校正してないpicマイコンなLCメータ読みです。

で、Si5351AもT1/T2も大丈夫のようですね。

写真は、受信中にSW4を押してテスト信号を観測しているときの画面です。

この状態で、オシロでテスト信号の振幅Vppを取ってみました。

CN2(1pin=2pin):25mVpp 7MHz
C43のIC3側:25mVpp 7MHz
C52のIC4側:230mVpp 7MHz
IC4の4pin:230mVpp 7MHz
IC5の6pin:3.3V 32MHz
IC6の6pin:3.3V 25MHz

ここまで、同じくらいの値になっているでしょうか?
リレー不良かBGA2815不良か、それ以外か?
切り分けできるかもしれません。

//

Re: お助けください - Ojisankoubou

2018/11/10 (Sat) 08:12:36

まずは、組み立てマニュアルの p.39 に従って各ポイントでのレベルを確認してください。
無暗にいじっても正常動作はしません。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/10 (Sat) 09:16:04

> まずは、組み立てマニュアルの p.39 に従って各ポイントでのレベルを確認してください。

そうですね。色々試されているようですが整理しないとコメントさせて頂くのも難しいです。
組み立てマニュアルP.19のSDR-3Dのチェック「スペクトラム表示がちらちらし… 」は問題なかったのか否かも必要な情報に思えます。

他方、正攻法とは別に、箸休め的に部品実装の状態をチェックするというのも良いのではないかと思います。ICの向きが正しいか、抵抗は正しい値が実装されているか、回路図にチェックを入れながら1つ1つルーペで確認します。部品点数は多くないので怪しそうなところからコツコツとチェックする感じです。
これまで投稿していなかったですが、私の場合はC62の半田付けに不良がありました。部品のマウントが中心から少しずれていて片方の端子がつながっていませんでした。

以上、ご参考まで。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/10 (Sat) 14:25:34

皆様

どうも、コメントをありがとうございます。

笛吹きおじさん 様

T1/T2のインダクタンス測定ありがとうございます。
そうですね。50ohm loadで出力ですね。申しわけないです。
T1の波形測定結果ありがとうございます。
T1/T2の実装が問題なく、global eraseが、当方のOS環境でできていれば、動かないとおかしいと、思っていたので、信号ラインでどこまで、正常レベルか、測定していないで、みなさん、申しわけありませんでした。

やどさん 様

各信号レベル測定、どうも、ありがとうございます。黄色のリレーのピンアサインもまだ、しらべてなかったので、CN2は、波形でてなかったので、信号どこまで、正常レベルか、調べていきたいと思います。

Ojisankoubou 様

製作者様、どうも、最初にレベル測定をしてなくて、すみません。他の方がレベル測定してくださいましたので、CN2側から、レベル測定したいと思います。test SGは、ほぼ20mVp-pみたいで、local Si5351Aが正常レベル、CN2は、12KHz 出力していなかったので、さかのぼって、レベル調べてみます。
ありがとうございます。

ji1udd 様

どうも、わかりにくい説明で申しわけなかったです。もともと、T1/T2がOKなら、global eraseをこちらの環境でなんだか、eraseしてないのでは?と思っていたので、その場合、どうするんだと言う方向に頭がいっていたので、T1/T2以外もリレーなど、考慮すべきところをまさか、黄色のリレーももしかしたら、不良の可能性も考えないといけないとは思ってなかったので、他のレベルチェックがなおざりですみませんでした。

P.19のSDR-3Dのチェックですが、特にちらついたりなどなく、問題なかったです。

部品実装の状態をチェックも併せて、行いたいと思います。

ありがとうございました。

Re: お助けください やどさん

2018/11/10 (Sat) 20:37:12

SDR-3 第2ロットさん こんばんは!

あっ、やどさんに"様"は要りませんのでHiHi

自分も 旨く動かないと あれこれ試してみたり、先入観が邪魔をしたりします。
でも殆ど実装済みのキットなので、ハンダ不良が大半だと思います(アッ、先入観はダメですね)

諦めず続けていけば必ず動きますので頑張って下さい!

それに、Asking makes one appear foolish, but not asking makes one foolish indeed.って諺も世界的にあります!
ここ(BBS)に沢山に書き込んでSDR-3が沢山売れるようにしましょう!(ってCQ出版の回し者ではありませんので念のため)

だって、SDR-3,
 5Vで300mA弱(1.5W以下)なんです!

相模のおじさんの新スプリアス関係の測定データと云う強力なバックアップもありますし

ji1uddさんのCW機能追加(ソース修正箇所の比較図と修正txtファイル付き!)もあります。

QP-7改なリニアで1W出ししても、プラス12Vの200mA(2.4W)、計4W弱です。
PC不要で、乾電池ポータブル運用ができるSDRトランシーバーって他にあるでしょうか?(あったらごめんなさいぃ)

//

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/10 (Sat) 21:00:47

みなさん、お世話になっています。

あれから、ちょっと、LVC1G3457が表面実装のものしか、情報が見つからず、このピンでの測定を避けて、レベル測定をしていったところ、C51-T2 一次側 hot-endでの、25MHzのRF levelは、オシロでは、波形がいびつですが、約60mVp-p,スペアナで、約-20dBmでして、ここまで(crystal filter 25MHz通過まで)は、だいたい、正常レベルだと思いました。
やはり、CN2では、12kHz台の信号は計測できませんでしたが、IC7 CLK2 のR24遠位端信号は、約3,3Vp-pでていました。どうも、ミキサー動作をここでしていませんで、R22は、390ohmほどで正常ですが、R21が、10kohmでなく、2.3Mohmでした。ただ、実装したままで、SMD tester測定なので正確はわかりませんが、ほぼ絶縁状態のようでした。C79は、100pFでなく、23pF,C77は、3pFとやや小さい測定値ですが、ほぼいいのではと思いますが、C62も、O.L.と1uFを交互に表示しているので、この辺の部品を交換してみようかと思います。

どうも、いろいろ、測定してくださって、ありがとうございました。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/10 (Sat) 21:07:26

やどさん(でいいですねHI)

励ましをありがとうございます。
もうすでに、CWもでれるようにした方もおられるみたいで、動くようになれな、ここでのスレッドを確認したいと思います。

当方は、とりあえず、7MHz LSB受信したいです。HI.

ちょうど、コメント書いてましたが、もう少し、がんばってみます。

ありがとうございます。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/10 (Sat) 23:57:00

みなさん、お世話になっております。

申しわけないのですが、どなたか、T2 2次側(mixer)のバイファイラー両端の25.012MHz(IC7 Si5351A)のレベルは、どれくらいでしょうか?当方では、スペアナで、-39dBmで、かなり、減衰しているようなのですが、ここは、3.3Vp-pに近いレベルで入力しているのでしょうか?

リレーがよく、わかってませんが、なんだか、かなり IC7 CLK2からのレベルが低い様に思っています。

どうぞ、よろしく、お願いします。

Re: お助けください やどさん

2018/11/11 (Sun) 06:44:21

SDR-3 第2ロットさん おはようございます!


>LVC1G3457が表面実装のものしか、、

LVC1G3157ですね! これは回路図の絵の通りアナログスイッチICです。
このICのスイッチのON/OFF信号に、25MHzや32MHzをつないで スイッチングして、アナログミキサー(混合)となります。



>ミキサー動作をここでしていません…
>R21が、10kohmでなく、2.3Mohmでした。

●そうです、ここ重要です●


普通のテスターで良いです、R21両端で測定して10kΩか、10kΩより少し小さい値でしょうか?
MΩオーダーだとR21がNGです。ルーペなどで拡大して見て、ハンダ不良が無いでしょうか?


→ 回路は、R21とR22で電源3.3Vを分圧してます。

・R21とR22がつながる側の電極を測定して、DC電圧が0.12Vくらいになっていますか?
・これはIC6の4ピンにもつながっています。IC6の4ピンも0.12Vくらいになっていますでしょうか?

・回路図ではIC6とIC5の上に点線表記になっていてわかりずらいのですが、点線もつながっていますか?
 → マニュアル2-3.SDR-3A 半田ジャンパー1 の部分です。テスターで導通している事を確認してみて下さい。



>CN2では、12kHz台の信号は計測できませんでした

CN5ですね?!
TEST_SG信号を受信した信号は小さいと思います。
でも、送信ならSW4を押せばオシロで観測できます。CN5の2ピンは0.1Vppくらいです。

・マニュアルの3-8.動作テスト 送信 トラブルシュートのページの通り信号が出ているか も確かめてみて下さい。


→ IC6のアナログスイッチ(ミキサー)は、

受信では、X'talフィルターを通過して来た25MHz(=32MHz-7MHz)帯の信号達を、25MHz(正確には25.012MHz)でスイッチングして、ベースバンド信号(音声周波数帯)に変換しています。
12kHzというところが、SSBのサイドバンドをバッサリ切るコロンブスの卵的な第4のOgawa方式につながると理解していますが…(汗)

で、音声周波数帯に落とした12KHz帯の信号達をADコンバーターで受けてデジタル信号処理します。
 → 操作マニュアルの 3-5. トランシーバー受信信号処理途中の信号 の図につながります。



でも、もう7MHzのSSB、聞けそうですね!

//

Re: お助けください - 笛吹きおじさん

2018/11/11 (Sun) 09:08:42

SDR-3 第2ロットさん、おはよう御座います。
>C51-T2 一次側 hot-endでの、25MHzのRF levelは、オシロでは、波形がいびつですが、約60mVp-p,

ここのレベルが既におかしいのでは?組み立てマニュアル(40P)にはT2のX3側で25MHz 150mVppとなっています。

手前に辿りT1のX1側を確認し(ここも25Mhz、150mVppです。)さらに前をチェックしては如何でしょう。

Re: お助けください - 笛吹きおじさん

2018/11/11 (Sun) 12:21:41

SDR-3 第2ロットさん
T2のIC6側の波形です。
上が1pin、下が3pinです、電圧は1pinが125mVpp、3pinが150mVppくらいです。
トランスの特性で少し電圧に差があります。本来は同じ電圧かと思います。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/11 (Sun) 12:45:53

やどさん、おはようございます。

R21は、特殊フラックスと特殊はんだではずして、測定したら、やはり、2.8gohmぐらいあって、O.L.にはならなかったですが、10kohmでなかったので、10kohm,たぶん、0603ですが、交換しました。R22は、だいたい、390ohm、LCR Meter DE-5000もあるので、それで測定すると、Cpで、C62は、8.6uF(記載のなものは、0.1uFですが)また、C63も8.6uFでした。ceramic chipって、今では、10uFがあるのですね。当方、10uFは、持ってませんというか、あるのを知りませんでした。主に2006-2007年に、7MHz SDR TransceiverをKGKSDRで自作しましたが、受信は、4066Nを用いたCQ誌2006年12月号記事の回路と送信は、USA Softrock Groupの3253を用いた回路で、送受は、ソフトは、RS232CのRTSにtransister switch,ハードは、Logic swich 付きレギュレータで、送受電源切替え、リニアを使うので、coaxial relay併用してました。あと、Softrock RXTX 6.1や、RXTX Essembleもキットを組み立ているので、まったく、SDRを知らないわけではないのですが、このDPDTがよく理解できていません。もう少し、勉強したいと思います。
DPDTが、ミキサ本体と考えるのでしょうか?localからの信号でswitchするのか、根本的にわかってない気がするので、ちょっと、表面実装用のLVC1G3157のdata sheetとか、DPDTの情報を集めて、考えてみたいと思います。どうも、switchが送受、どちらもopenで、何らかの理由で、switchingしていないような理解です。ちょっと、お時間をいただきたいと思います。R21の交換でもまだ、正常動作してないです。HI

DPDTがわかってないので、

→ 回路は、R21とR22で電源3.3Vを分圧してます。

という考え方もまだ、できてなかったです。

・R21とR22がつながる側の電極を測定して、DC電圧が0.12Vくらいになっていますか?

それは、それぐらいになってました。3.3Vがここまで落ちるのかと思いましたが、これでいいわけですね。

・これはIC6の4ピンにもつながっています。IC6の4ピンも0.12Vくらいになっていますでしょうか?

これは、DPDTのピンアサインわかってないないので、調べてないです。調べたいと思います。

>CN2では、12kHz台の信号は計測できませんでした

CN5ですね?!
TEST_SG信号を受信した信号は小さいと思います。
でも、送信ならSW4を押せばオシロで観測できます。CN5の2ピンは0.1Vppくらいです。

すみません。そうです。CN5です。他の方も調べていただき、40mVp-p程度だと言われていたかと思いますが、40-100mVp-pぐらいまで、でてないといけないのですね。スペアナでも9kHz-28MHzまで、観測しましたが、実際は、12kHzにspikeはなく、変なmultiple spikesは、間欠的にたくさん。みられている状態です。実際、今は、12kHzの40-100mVp-pの信号はでていないです。

いろいろ、ご教授ありがとうございます。DPDTを自分では使ったことがなく、トロイダル活用百科は、旧版、新版とも持ってますが、最初に、double balanced mixerとかを T1/T2を見て、どういう動作なんだ?と読んでました。T1/T2とDPDTの動作機序が理解できれば、修正できるのかなと思っています。

どうも、ありがとうございました。今後とも、よろしく、お願いします。HI

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/11 (Sun) 12:59:15

SDR-3 第2ロットさんへ

もう解決したかもですけど、私のSDR-3での波形です。

ミキサなのでトリガのタイミングによりオシロ波形は変化します。
尚、T2の巻数はオリジナルどおりです(1次、2次ともにBF 3T)
ご参考まで

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/11 (Sun) 13:01:36

笛吹きおじさん 様

どうも2つのコメントありがとうございます。

当方のtest SGは、約-34dBmで、20mV-pより、少し、低いのではと思います。それで、少し、低いかもと思っています。
もう少し、また、調べてみます。
信号レベルとしては、すごい強い信号レベルなので、これで、あとが動作してないのは、なにか、それ以降でだめなんだなと思います。

それと、T2でのレベル確認ありがとうございます。非常に助かります。また、調べてみたいと思います。

ありがとうございます.

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/11 (Sun) 13:10:58

ji1udd 様

画像ありがとうございます。
いえいえ、まだ、コメントに返答しているだけで、解決してないです。HI.
DPDTをよくまだ、わかってません。申しわけないです。

この測定ポイントですが、T2 2次側 中点とgroundのオシロ計測結果でしょうか?

よろしく、お願いします。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/11 (Sun) 13:24:55

SDR-3 第2ロットさんへ

DPDTって LVC1G3157 の事でしょうか?
LVC1G3157は、SPDT(1回路2接点)です#細かい突っ込みですいません(^^;)

このミキサ回路はシングルバランスドミキサと思います。私が持っているトロ活(改定新版)には全く同じ回路は載っていないですが、ダイオードを使ったスイッチの代わりに LVC1G3157 を使っている構成かと思います。

あとLVC1G3157のデータシートはこちらにあります。
http://www.tij.co.jp/jp/lit/ds/symlink/sn74lvc1g3157.pdf

IC4,IC5,IC6のマークは全部同じになってますでしょうか?

>この測定ポイントですが、T2 2次側 中点とgroundのオシロ計測結果でしょうか?

図に描いてあるように①ピンと③ピンです。対GNDです。オシロの入力はACカップリングで、FETプローブを使いました。

Re: お助けください やどさん

2018/11/11 (Sun) 13:43:52

こんにちは!

SDR-3 第2ロットさんは

SDRいろいろ作られているのですね。
Softrock RXTX Essembleは自分も作って3年くらい WSPRレポートしてましたよ!


>ピンアサインわかってないないので、調べてないです
 ji1uddさんコメントのデータシートご参照ください。
 IC6は、回路図の絵とおなじピン配置です。
 シルクの丸ポチが1ピンで反時計回りに6ピンまでです。

>R21は、~ 測定したら、やはり、2.8gohmぐらい
 NGでしたか!そんな不良もあるのですね!

 交換しても受信できないとの事。何だろう?


そこで、ここは笛吹きおじさんの仰る通り、

組み立てマニュアル 3-5.動作テストBPFトラブルシューティング2(P.39ですね)
に信号確認手順が書いてありますので、
これをチェックしてください。(さすが おじさん工房 ぬかりはないですね)


実は、自分は BPF特性に問題が無かったので P.39の測定は パスしてました(こりゃいかん!!)
先ほど測定してみたらCN5-2pinは、60mVppくらいでした。



●Ojisankoubou 様へ

 3-5.動作テストBPFトラブルシューティング2 に誤植を見つけました。

 1.の  × IC7 10pin(R26) → 〇 IC7 9pin(R26)
7.の  × 12kHz 600mVpp → 〇 12kHz 60mVpp

  7. は、笛吹きおじさん測定値と同じだったので60mVppの誤植と判断しました。
  あと、T1のX1側で25MHz矩形波?がうまく観測できませんでした。

//

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/11 (Sun) 14:58:55

SDR-3 第2ロットさんへ

> C62は、8.6uF(記載のなものは、0.1uFですが)また、C63も8.6uFでした。

C62は0.1uFにした方が良いと思います。
C59(回路図上では0.047uF)も 10uFになっているということはないですよね?


やどさん、Ojisankoubou さんへ
私のSDR-3でも CN5-2pinは、60mVppくらいでした。

以上です。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/11 (Sun) 16:55:57

jh1udd 様

お世話になっております。

>>DPDTって LVC1G3157 の事でしょうか?<<

はい、そうです。
どうも、PDFのlinkありがとうございます。
simplified schematicで、ダイオード2個なので、single balanced mixerなんだなと理解できました。
このダイオードは壊れる事はあり得るのでしょうか?LOL

そうなんだー。single balance mixerなんだと思いました。HI
ありがとうございます。

測定ポイント すみません。画像に書いてありましたね。ありがとうございます。

笛吹おじさん様の情報でも、pin1/pin3で、150mVp-pほどでていますが、こちらでは、T2 pin1/pin3でのgroundとの測定が、normalでは、ノイズ乗って、まだ、うまく測定できませんが、スペアナでは、25.012MHzが、-33dBmぐらいで、この値は、T1のpin1/pin3での32MHz -35dBmぐらいと同じレベルなのですが、T1のほうは、25MHzに周波数変換されて、T2では、12kHzに周波数変換していません。T2 pin1/pin3とgroundの測定がオシロでうまくいってないのか、150mVp-pみたいな明確なレベル測定ができていません。SPDTのPDFを読んだり、勉強継続したいと思います。

>> C62は、8.6uF(記載のなものは、0.1uFですが)また、C63も8.6uFでした。

C62は0.1uFにした方が良いと思います。
C59(回路図上では0.047uF)も 10uFになっているということはないですよね?<<

C62は、0.1uFに交換してみます。

C59は、55.59nF(0.05559uF)でほぼ同じでした。

どうも、ありがとうございます。調査継続したいと思います。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/11 (Sun) 17:13:37

やどさん、こんにちわ。

やどさんもRXTX Essembleを組み立てられたようで、FBです。

>IC6は、回路図の絵とおなじピン配置です。シルクの丸ポチが1ピンで反時計回りに6ピンまでです。<<

どうも、ありがとうございます。

>>そこで、ここは笛吹きおじさんの仰る通り、

組み立てマニュアル 3-5.動作テストBPFトラブルシューティング2(P.39ですね)
に信号確認手順が書いてありますので、
これをチェックしてください。<<

これもすべて、やってみます。

どうも、ありがとうございます。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/11 (Sun) 21:21:49

みなさん、お世話になっております。

3-5. 動作テストBPF トラブルシューティング2

をやってみました。

1. オシロスコープでSDR-3A基板IC7 10pin (R26) に7MHz 3.3Vpp 矩形波>>>>3.04Vp-p

2. CN7(BNC) で7MHz 20mVpp 矩形波>>>>19mVp-p

3. RL2 とC43 接続点で7MHz 20mVpp 正弦波>>>23.8mVp-p

SW4 ONで

4. IC3 3pin(C52) で7MHz 100mVpp>>>222mVp-p

5. T1 のX1 側で25MHz 150mVpp>>>219mVp-p

6. T2 のX3 側で25MHz 150mVpp>>>>124mVp-p

7. CN5 2pin で12kHz 600mVpp(60mVp-p is suspected )>>>測定不能

T2 X3が、150mVp-pに届きません(画像)が、どうなんでしょう。HI.
CN2は相変わらず、だめです。

一応、IC6は、LVC1G3157は、交換用に入手することにしました。当方のIC5/IC6の表記は、どちらも、CC55でした。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/11 (Sun) 21:24:43

SDR-3 第2ロットさんへ

> simplified schematicで、ダイオード2個なので、single balanced mixerなんだなと理解できました。
これはCMOSトランスファ・ゲート(=スイッチ)で4066と同じ機能になります。

> このダイオードは壊れる事はあり得るのでしょうか?
形あるものは全て壊れる...です。しかし、使用されているのはTI製のデバイス(第2Lotはわかりませんけど、私のSDR-3はTI製でした)だと思いますので、製品品質は良好と推察します。

> こちらでは、T2 pin1/pin3でのgroundとの測定が、normalでは、ノイズ乗って、

私のオシロ波形は、normalではなく Rxテスト信号を入れた状態です。Rxテスト信号を入れないとほぼノイズな感じです。

> C59は、55.59nF(0.05559uF)でほぼ同じでした。
問題ないですね。

IC6ミキサまわりで調べていない部品はいくらもないと思うのでしらみつぶし方式でもあと一歩の気がするのですが...

お役に立てずにすいません。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/11 (Sun) 21:38:31

> T2 X3が、150mVp-pに届きません(画像)が、どうなんでしょう。HI.

フィルタ特性のばらつきを考えると問題ないレベルではないでしょうか。

> 当方のIC5/IC6の表記は、どちらも、CC55でした。

私のSDR-3にも CC55 が載っています。
ダメ元でIC6にフラックスをたっぷり塗った上で半田ゴテで再加熱してみてはどうでしょうか?

Re: お助けください やどさん

2018/11/12 (Mon) 00:07:48

こんばんは!

12kHzが観測不能との事、SPDT怪しいかも?ですね。

でも、アナログスイッチが壊れて動かなかったとすると、T1,T2で25MHzが観測できている事と矛盾しそうな気もしますが、、片方のスイッチだけNGなのかな?

でも、
以前 CentSDRを作ったのですが、受信出来ず 信号を追ったら、SPDT(TS5A23157DGS)が壊れていました。
交換部品が届く前に動作確認したくて、RXTX EssembleからFST3253を外して代用したら受信OKとなり、確証を得た事があります。

ICが壊れている可能性もありますので、ご参考まで。

//

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/12 (Mon) 23:57:08

ji1udd 様

コメントありがとうございます。
LVC1G3157は、記号はノットゲートでした。すみません。C62ははずしたら、0.1uFでした。10uFとパラなので、合成値でした。C79/C77もそのままでは、測定不可能(uF台を示す)なので、はずすと、それぞれ、100pF/33pFでした。C76/C61は、IC6 5PINで、3.3V DC供給されていたので、測定省きました。これで全部でしょうか。おっしゃるとおり、しらみつぶしで、なんだか、大丈夫そうです。HI.IC6もはんだ当ててみましたが効果なかったです。IC6 6PINでは、local 25.012MHz 3.3Vp-p入力されていました。IC5なんですが、1PINでは、オシロ測定で周波数がわからない合成波になっていませんか?これが、IC6 1PINは、SW4 ONでも、たぶん、25.012MHzぐらいの方形波が、100mVp-pでている程度です。確実でないですが、IC5 1PINと違い、波形が25.012MHz 方形波がそのまま、減衰したような単一波形100mVp-p程度のみです。よくわからないですが、この際、向きもわかった(CC55の左下が1PIN)ので、交換してみたいと思います。

どうも、いろいろ、おしえてくださりありがとうございます。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/13 (Tue) 00:13:20

やどさん、コメントありがとうございます。

IC5/IC6 PIN同定できたので、各PIN SW4 ONで、オシロやデジタルマルチメーターで測定し,上記コメント回答のように、1PINでのオシロ波形が、IC6は、単一波形なので、壊れているかもしれないなーと言う印象です。

他、部品、調べたので、いずれ、IC6は、交換したいと思います。

>>でも、アナログスイッチが壊れて動かなかったとすると、T1,T2で25MHzが観測できている事と矛盾しそうな気もしますが、、片方のスイッチだけNGなのかな?<<

これなんですが、T1,T2付近の同じtest pointを選んで、IC7 CLKの32MHz(T1)と、25.012MHz(T2)がスペアナで同じレベルなので、T2で、localは、T1と同じでlocalレベルはだいじょうぶと言いたかったのだと思います。HI
実際、IC6 6PINが位置同定できたので、実際、25.012MHzぐらいが、3.3Vp-pぐらいで入力されてました。IC6のPINがわからなかったので、変なところで測定していましたが、IC5/IC6のPIN同定できたら、こっちのほうが確認が楽ですね。

SPDTは、壊れる事もあるようですね。情報、ありがとうございます。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/13 (Tue) 06:53:20

SDR-3 第2ロットさんへ

> IC6 1PINは、SW4 ONでも、たぶん、25.012MHzぐらいの方形波が、100mVp-pでている程度です。確実でないですが、IC5 1PINと違い、波形が25.012MHz 方形波がそのまま、減衰したような単一波形100mVp-p程度のみです。

11/11の私の投稿に添付したオシロ波形(上段の10ns/div)を見ると 約25MHzの80mVp-pです。これとは違う波形でしょうか?
オシロの時間軸を50us/divにして私の下段のオシロ波形と比較して頂けましたでしょうか?

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/13 (Tue) 12:58:01

ji1udd 様

どうも、お付き合いいただき、申しわけありません。

11/11の画像は、time baseを変更したのでなく、acquireのnornal(or peak detect)とaverageの差かと誤解していました。上段は、25.012MHzの方形波、下段は、12kHzの方形波の描出だという理解でよろしいでしょうか?

もう一回、測定しなおしたいと思いますが、IC6 1PINでは、オシロ math機能で、LPF 30kHzとか、HPF 30kHz以上で測定できるのですが、LPF 30kHz設定で、12kHzが、detectできてないという評価でした。
それで、HPF 30kHzで、25.012MHzの方形波は、100mVp-pで描出できていました。

オシロ プローブ 10:1でプローブPINを手であてていたので、画像を撮ってませんでした。すみません。
オシロをfull bandwidthで、IC5 1PINは、32MHz IC7 CLK0由来の信号と、ミキサー後の25MHzの信号が、オシロを描出がわかりやすいように、acquire average設定で、2つの合成波をYT表示していたように思っていました。

IC6 1PINは、LPF 30kHz設定で、12kHzは、描出できていませんでした。

再度、IC5/IC6の1PIN測定を致しますので、お時間を頂きたいと思います。

お時間を割いて頂いて、ありがとうございます。

また、報告致します。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/13 (Tue) 21:49:22

ji1udd 様

お世話になっています。

オシロの測定は、こういうsine waveのcomplexは、難しいですね。デジタルオシロで、acquire normalで、high refresh rate 27000wfm/sとかでは、波形描出が重って、よくわからなくなるので、acquite average 256で描出させています。

IC5 1PINですが、SW4 off(画像左)では、local 32MHzのみの波形、SW4 onで、周波数変換された25MHzとlocal 32MHzの合成波(画像中央),同じく、SW4 onでのスペアナ表示で、周波数変換された25MHzレベルは、localより、レベルが高いです。この波形描出は、オシロによっても、設定によっても変化するのだと思います。

これが、IC6 1PINでもあてはまるかと思いますが、SW4 onで、波形表示の変化はほぼなく、特にLPF 30kHz設定で観測できず、CN2で、12kHzが観測されないのと同じでした。

ic5/ic6 1pin測定は、撚り線の電源ケーブルの細い線をばらして、1pinにはんだつけして、グラバーでつかんで、プローブに接続しました。hi.

なんで、12kHzに周波数変換されないか、原因がわかりませんので、IC6を治療的診断で交換するしか、手がない状況です。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/14 (Wed) 06:53:24

SDR-3 第2ロット さんへ

伝えたかったのは、オシロの時間軸によって約25MHzの80mVp-p方形波が波打って全体の振幅はもっと大きいのを見過ごしているのではないかということです。デジタルオシロだとサンプリングの関係で正しいエンベロープ波形が得られないので観測は難しいですね。

LTSpiceでシミュレーションをしてみました。
一番上の波形がIC6の1pin相当で0~1usまでのシミュレーション結果、2番目が12kHzの2周期分の時間までのシミュレーション結果、3番目はMixerの出力の結果です。ちゃんと12kHzが出て来てます(ちょっと感動)

画像が小さいので見づらいと思います。GitにLTSpiceのモデルを置いておきました。
https://github.com/ji1udd/SDR-3/tree/master/SPICE/T2_Mixer

ご参考ということで。。。。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/14 (Wed) 19:32:00

ji1udd 様

お世話になっております。
貴重な情報をいろいろ、ありがとうございます。

LTSpiceは、Ⅳの時に使っていて、真空管での狭帯域増幅回路のsimulationなどやったことはありますが、最近は使ってなくて、最近のトラ技で、LTSpinceXVIIの紹介があり、インストールしましたが、しばらく、うまくWin10で動作せず、わりと最近のWindows Version Updateで動くようになりました。それで、ちょっと、PIN1付近とかにポイントを持っていて、波形拡大とかしましたが、25.012MHzは、detectというか、波形はでてこないのかなと今は、思いますが、操作に不慣れなせいかもしれません。

11/11の画像の下側は、timebase 10us/divの12kHz波形描出だと思いますが、デジタルオシロによっては、25.012MHzの波形をdetectする場合(波高すべて、黄色)もあるかと思います。これは、memory depthが最大、14MBで10us/divでのsampling rateが、1GS/sになっている場合は、十分、25MHz台も存在しているとすれば、detectしてくるかと思います。画像のように、10us/divで、12kHzのみ描出の場合は、たぶん、ADS1102CMLか、同じseriesかと思いますが、memory depthが、short memoryで、sampling rateが、10MSa/sとか、50MSa/s以下に落ちているか、digital filter 設定で、LPF 100kHzとか、設定しているのかなと思いました。いずれにしても、IC6 1PINで、localの25.012MHzと、12kHzのどちらも観測されるという情報が得られたのでありがとうございます。
IC5 1PINで、SW4 onでtest SG入れると、スペアナで明確に25MHz spikeが現れるので、IC6 1PINでも、SW4 onで、12kHzが現れ、local 25.012MHzは、offでも観測されるのが正常なのが再確認できました。
たぶん、12kHzは、デジタルオシロのmath機能で、LPFがあれば、12.012MHzは有意に減衰すると思いますが、IC5 1PINでは、local 32MHzと、IF 25MHzの観測で、LPF 27MHzにしても、32MHzはある程度、減衰するだけで切り分けは困難で合成波形で描出していました。

ここまでわかると、IC6がだめでないと困ると言うか、どうしようもないかなと思っています。まだ、なにか、見落とししているのかもしれません。

みなさん、どんどん先にいかれているようで、step12とか、どこに情報があるのかと思っていましたが、ji1uddさんが、ご努力されていたのですね。Hi.
方法わかりました。HI
もし、動くようになったら、CWもできるようにmakeしたいと思います。
DVDのsouceで、makeできて、T1/T2の巻き方に問題なければ、すぐ動くと思っていたので、少し、残念です。

どうも、ありがとうございます。

Re: お助けください やどさん

2018/11/14 (Wed) 22:09:40

SDR-3 第2ロットさん ji1uddさん 今晩は!

回路Simでちゃんとエンベロープが再現できるのですね。
分かっている人からすれば、当たり前なのかもしれませんが、自分としてにはちょっと感動です。


・そこで、uddさんの波形写真やSim波形と同じようになっているかオシロで見てみました。
 → 大体同じでした! 
     → 写真1-1(12kHz観測),1-2(25MHz観測) IC6の1ピンで観測


・もう一つ、第2ロットさんの不具合症状を再現してみました。
 故意にIC6に25.012MHzを入れなかった場合です。R24を外して観測しました。。
  → 写真2-1(50μs/div), 2-2(20ns/div:25MHz観測)
 
 当たり前ですが、12KHzは観測できませんでした。
 25MHzは観測できました。これはIC5のミキサーがちゃんと動いているという証拠でしたね。(32MHz-7MHz=25MHzが観測できる)

 ということは、、、、IC6が壊れている可能性が高いと思われます。
 いつ壊れたか分りませんが、つかれちゃいますよね。。

// 

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/14 (Wed) 22:51:07

やどさん
お世話になっております。
貴重な情報をありがとうございます。

では、ji1ddnさんのLTSpiceの3番目の波形は、12kHzと25.012MHzの合成波形だったのでしょうか?
triggerは、envelopeとかですか?
LTSpice RUNして、ちょっと、いじってましたが、25.012MHzの波形にあわせられなかったです。HI

それと、IC6 Pin1/Pin3を浮かせて、openにしていただき、どうなるか、調べてもらって、ありがとうございます。やはり、そうなるのですね。ちょっと、なんだか、うれしいです。PINをなにかでフックして、もちあげたのですか?かなりほそい治具が必要に思います。当方、その技はないです。HI.

IC6サイズ同じのを注文したか、ちょっと、来てみないとわかりませんが、来たら、交換してみます。

どうも、ありがとうございます。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/14 (Wed) 22:57:10

やどさん。

R24をはずしたのですね。すみません。勘違いしてました。そういう手がありますね。

Re: お助けください やどさん

2018/11/15 (Thu) 01:00:31

SDR-3 第2ロットさん

>LTSpiceの3番目の波形は、12kHzと25.012MHzの合成波形
 はい、そうです。(Simは、12MHzと12.012MHzの合成になっていますね)
 トリガーは、普通の"レベル"のままで、時間軸を12KHzや25MHzが見易い所に設定にして、トリガーレベルは波形がそれっぽくなる適当なところに調整して観測してました。(ちょっと適当!?)


>R24をはずしたのですね
 はい、IC6 6pinに25.012MHzが入っているのに、IC内のアナログスイッチがON/OFFしない不良モードを想定してます。
 R24を外して、6pin入力オープンにしてみました。

//

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/15 (Thu) 06:45:27

SDR-3 第2ロットさん、やどさんへ

お遊びでシミュレーション回路中の ある1つだけの素子を順番に省いてシミュレーションして Mixer出力を見てみました。抵抗とかコンデンサとかは省かれても、Mixer出力にはそこそこの12kHz信号が出てきてました。2個あるスイッチも1個だけなら省いてもMixer出力に12kHzが出てきてました。さすがに2個共スイッチが省かれるとMixer出力に12kHzは出てきません。
結論的にはやっぱりLVC1G3157が怪しい感じです。

あと、私のオシロですが、廉価版(ADS1102C)なのでLong Memoryというものは搭載されてなく、Specを確認したら 4kサンプル分のメモリしか載ってません。なので時間軸を遅くするとエイリアシングで正しいエンベロープ波形が得られないのだと思います。

部品交換で上手く動くことを願ってます(^^)

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/16 (Fri) 11:46:18

やどさん

どうも、確認をありがとうございます。自分もちゃんと動くようになって、オシロで合成波形みてみたいです。表面実装部品がキットとしては、見た中で一番小さくて、IC7とclock oscilatorが小さくてびっくりしました。IC6の交換、たぶん、大丈夫かと思いますが、できたら、ほんとはやりたくないですね。HI.DDS ICのAD9854とか、AD converterのAD9244とか、はずしたり、つけたりしたことありますが、deviceの面積がある程度あるのでいいですが、IC6とか、IC7とかは小さいので、やりにくそうです。どうも、ありがとうございます。

ji1udd 様

トロイダルコア活用百科のsingle balanced mixerと比較して、SDR-3のT2 2次側のバイファイラーは、同じ位相分配器なんでしょうか?LOL C77/C79の配置と定数がどうしてああなのか、わかっていません。HI
LVC1G3157は、4066と同じだということで、説明ありがとうございました。
APB-3でAGCが効いてるなーと思ったのを思い出しますが、早く治して、7MHz SSB聞きたいです。治ったら、受信感度が、MDS 何dBmかとか、送信出力は、mWレベルで、1Wないようですが、お聞きしたいと思います。なんだか、昔、QRPパワーメーターキットがあって、作ってますが、たしか、1mW-1Wまで測定できますが、役に立つかもしれません。あとは、digita IFのスペアナはmW表示できたと思うので、測定トライできるかと思います。いろいろ、ご教示ありがとうございます。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/16 (Fri) 21:25:19

SDR-3 第2ロット さんへ

> トロイダルコア活用百科のsingle balanced mixerと比較して、SDR-3のT2 2次側のバイファイラーは、同じ位相分配器なんでしょうか?LOL C77/C79の配置と定数がどうしてああなのか、わかっていません。

トラ技10月号のP144-145に回路の解説があります。
Mixerの回路構成としてはグランドをスイッチするモードを選ばれていて、C77/C79は、スイッチングの非対称を補償しているとのことです。

信号をスイッチする構成とグランドをスイッチする構成についてSPICEシミュレーションをしてみました。どちらの構成でも同じ結果が得られました(信号が反転していますけど)。
このシミュレーションでは分かりやすくするためにローカルを10MHz、入力信号を8MHzとしました。大きなうねりが2MHz、細かい変化が18MHzとなっています。
つまるところスイッチがどの位置に入っているかの違いですね。

SPICEのシミュレーションファイルは前回と同じところにおいておきましたのでいじってみると理解が深まるかとおもいます。



Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/17 (Sat) 14:55:04

ji1udd 様

どうも、情報をありがとうございます。

P145 図3を指摘されて、初めて見ました。すみません。

Pin1/Pin3は、うすうす、逆相じゃないかと思ってましたが、Pin1のほうだけ、細い線をはんだ付けして、グラブしてましたが、Pin1/Pi3をオシロ CH1/CH2で計測して、位相関係を測定すればよかったです。すみません。図3の結果見ると、Pin1の測定時、Pin3からの信号は影響を与えず、ダイオードを使用した、single balanced mixerと同じ動作をすると考えていいように理解しました。
それにしても、図3の実測の解像度です。これは、リアルタイム オシロでのreal time samplingの1 segment record結果でしょうか?こういう解像度には、すごく多くのsamplingが必要で、仮に中国製のmax refresh rate 12万wfm/sで、segment memory recordできたりしても、こういうレベルの変動を詳しく、描出はできないと経験上、思いました。我々が、マニュアルに沿って、レベル確認をするのには、どういうデジタルオシロでも大丈夫で、こういう図3のような波形描出は、当方の持っているオシロでも無理なので、このような描出を期待しては、オシロのアップグレードはしないほうがいいかと思います。それにしても、描出がはんぱないです。HI.
まだ、スイッチモードがよく、わかってないです。勉強します。

みなさんへ

全体的に本来、確認しないといけない事をしないで、質問にはいって、申しわけないです。それだけ、パニクッテました。ご親切にさし水をいただいて、ありがとうございます。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/22 (Thu) 20:12:03

みなさん

お世話になっております。
今日、海外に注文していた
TI SN74LVC1G3157DCKR Chip Analog Switches SC70-6
が届きました。
早速、交換しようと大きさを確認すると、注文したものは、基板についているLVC1G3157より、一回り小さかったです。もしかすると、基板についているものは、SOT-23なのかもしれないです。基板を担当している会社には、きのう、電話したところ、ホームページから、問い合わせしてほしいと言う事で、SOT-23なのか、もしくは、他のものなのか聞いてはいます。

このSC70ですが、少し小さいのですが、真ん中のPIN2/PIN5に合わせるとなんとか、はんだ付けできました。
一応、画像のように86dBuを示し、7MHz BPFが、6.5-8.5MHzあたりは、フラットな事、25MHz crystal filterのBWが、約6kHzなど測定可能になりました。

7.275MHzや、7.325MHzの中国国際放送など7MHz ダブルバズーカで60dBu以上で受信しています。
とりあえず、SSGで、frequency offsetは、-55にしました。だいたい周波数表示あっているようです。
SSG -73dBmは、ちょうど、40dBuと表示していて、レベルは正確に表示しているみたいです。
SSG -73dBmを入力させたときに、レベルが低くて、入力が低すぎるためか、間欠的にノイズフロアが上昇し、ばさばさと音がしますが、だいたい、-120dBm sine waveのビートがLSBで聞き取れました。RX gain 20dBでですが、たしかに効いています。

7MHz HAM bandは、最近、コンディションが悪いので、もう少し、コンディションがどうかならないかと思います。HI.

拡大鏡は、ふつう、1.0x 1.5Xレンズを付けて、使ってましたが、この基板は部品が小さいので、2.5x 3.5Xをつけて、基板部品を見るようにしたら、かなり、気分が楽になりました。HI.もともと、ついているLVC1G3157は、pitch 0.5mmだと思います。これは、pitch上は、DDS IC AD9854でも、0.5mm pitchを1PINづつ、細い表面実装用の温調はんだごてではんだ付けできるので、deviceの面積は狭いのですが、ピンセットではんだ付け可能でした。
拡大鏡 2.5X 3.5X併用だと特にライトをあてると、表面のロット番号確認できます。ただ、Q1/Q4は、USB microscopeとか、コンポジット出力のマイクロスコープでないとよく見えないかなと思います。(今、当方のQ1/Q4は、交換された E8WZ1がついています)

壊れていたLVC1G3157の取り外しは、鉛入りはんだでは、SMD-21が有名かと思いますが、海外では、ChipQuickがあり、そちらのほうが安いです。特殊はんだと特殊フラックスを使うとhot airを使わず、すばやくはんだごてをあてて、ピンセットではらって、とりはずすことができました。冷蔵庫にいれておくと、特殊はんだは両方の製品とも10年ほど経っていても使えました。HI.

ほんとにSPDTは壊れるのですね。DIPの74HC4066N,74HC4052などのlogic ICが壊れたのを初めて見ました。HI.
こういう感じの問題が他にもあれば、どうするのか、スレッドがたてば、なにか、今回のことで、経験したことをfedbackしていきたいと思います。

どうも、ありがとうございました。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/24 (Sat) 09:21:11

SDR-3 第2ロットさんへ

無事 LVC1G3157 の交換で上手く動作するようになったとの事、何はともあれ良かったですね。
この手の単機能のロジックICはメーカー出荷時のLSIテスター試験で100%検査されていると思いますので、ESD(静電破壊)なのかなぁ?と推察しております。

また、取り外しの手法等々、参考になる情報のシェアどうもありがとうございました。私はいつも半田ゴテ2本で奮闘しています(^^)

では、また。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/24 (Sat) 22:32:06

ji1udd 様

どうも、コメントありがとうございます。
無事、動作しているようでほっとしています。HI.
7MHz BPFがbroadなので、上のAM放送を8.5MHzぐらいまでは聞く事ができるのでいいですね。denoiserがいいですね。快適に聞こえてます。
送信もコンデンサーマイクでテストしましたが、他の無線機モニターで音質もいい感じです。PCソフトを使うZERO-IFと違って、Limiting amplifierもNoise Gateもなにも必要ないですね。QRP Power Meterは、FCZ研究所の寺子屋シリーズでした。HI.SSGで10dBmで調整して、TXgain 20dBで、音声持続発声で12dBmだったので、ほぼ20mWでているのかと思いました。ただ、TX表示で、表示波形が広がります。画像でわかるかわかりませんが、大声であーと言わないと、12dBmに達しません。peaking meterでないので、5dBmほどまで触れる程度で、音声波形が左のような帯域内にはいるほうがいいのかなとは思いますが、広がっても、上下3kHzずらしても広がって聞こえる事はありませんでした。広がってもひずんだ感じはないですが、帯域にとどまる程度のレベルでとりあえず、実験する場合はしておきたいと思ってます。もうリニアアンプもIMDがいいのを作られている様ですごいですね。

当方は、IRF510x2を前に作っているので、それで実験だけはしたいと思います。さすがに20mWではだめで、100mWで、500mW,500mWで9Wは出る程度で、その間、どうするか、考えたいと思います。
このままでも、test信号は、S9+40dB相当で、オシロで測定可能で、送信も高々、13dBmでスペアナで測定可能、表示dBuは、オシロ FFT viewの単位なので、比較が可能など、よく考えられていると思います。
まだ、当分、トラ技やdata sheetを読まないといけないので、すぐには追い付けませんが、今後とも、よろしく、お願い致します。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/25 (Sun) 19:17:08

SDR-3 第2ロットさんへ

コンデンサマイクの感度によりますが、TxGainの上げすぎにはご注意されたほうが良いと思います。私のSDR-3の2トーン試験の結果ではTxGainは+6dBまでに抑えた方が良好なIMD(-43dBc位)でした。TxGain +10dB設定から出力がサチり気味な感じでした。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/25 (Sun) 21:30:26

ji1udd 様

どうも、ご助言をありがとうございます。
まだまだ、source codeの追加とかのほうに言ってなくて、トラ技とか、昔にSoftrock RXTX ver.6.2の回路図とか、見ていました。HI.

softrockのリニアアンプは、2N222A とBS170x2 で1Wで、入力は、mutiplexer ICの出力側トランスの2次側で、約100mWです。SDR-3の出力が100mWだとかんがえやすかったのでですが。。。LOL

TXgainが、6dB設定とかできると言う事は、source codeの書き換えで可能だということかとおもうのですが、TXgain自体、ALC機能か、Limitterみたいな設定でしょうか?
マイクvolをあげても出力制限はかかっているのかなーという感じです。
音がさちゅるみたいで、もっと、送信出力があるとこちらでも確認できるのかあと思いました。

トラ技 2018 10月号 P139のSDR-3のhardwareあたりを読んでいますが、TLC1G3157ミキサは送信とも共通回路になり得る工夫だったことや、25MHz crystal filterで、carrier leakをsuppessionしている事など、ちょっと、感動です。HI

気を付けて、mic vol設定したいと思います。

トラ技の7MHz アンプ P137は、数百mWとのことですが、10mW(多分、TXgain10dBか?)でどれだけ実際、でるのでしょうか?LOL
まねて、作れるとは思いますが。。。
これぐらいで、πマッチのコンデンサは、500V 470pFが要るのですね。
リニアをもともとのアンテナ端子を使うほうがいいかどうかとかも考えたいと思います。

Re: お助けください - SDR-3 第2ロット

2018/11/26 (Mon) 21:33:53

ji1udd 様

TXgainは、3dB,6dBもありました。すみません。

firmware修正、当方も利用させていただきます。どうぞ、よろしく、お願いします。
とりあえず、step1 やりました。
ありがとうございます。

Re: お助けください - ji1udd

2018/11/26 (Mon) 22:37:37

SDR-3 第2ロットさんへ

> TXgainは、3dB,6dBもありました。
DVDのソースでは +3dB がデフォルトになってます。

> firmware修正、当方も利用させていただきます。
活用いただけると当方も嬉しいです。意図せずStepが長くなってますので少しづつお試し下さい。


SDR-3新スプリアス関係データ(A1A) 相模のおじさん

2018/11/24 (Sat) 17:51:49

こんばんは。

A1A対応のプログラム改造も、STEP-13で一段落と言うところでしょうか?
先々週頃から、ji1uddさんのURLからダウンロードして、ようやく改造を終わりました。
改めて、「途方もない改造量と改造内容」に驚いている所です。

先般、A3EとJ3Eの新スプリアス規格関係データを報告させて頂きましたが、今回はA1Aに付いて報告させて頂きます。

最初に、STEP-11とSTEP-13のOBW測定結果ですが、
 STEP-11では 209Hz
 STEP-13では 152Hz となりました。
どちらも 500Hzに余裕で入っているので、問題は有りません。
測定に当たっては、法規に則って、ON/OFF=20mS/20mS,RBW=15Hz以下、SPAN=1.5KHz
有効データ数=400以上(503個)、平均化=5~10 (10回)で行っています。

帯域外領域とスプリアス領域の結果は次の投稿で説明します。

Re: SDR-3新スプリアス関係データ(A1A) 相模のおじさん

2018/11/24 (Sat) 18:12:27

こちらが、帯域外領域のスプリアス発射、スプリアス領域の不要発射の測定結果になります。

帯域外領域も特に問題も無く、このままKWまでリニアで増幅しても全く問題ないデータです。

スプリアス領域は、占有帯域幅測定と同じく、ON/OFF=20mS/20mSの状態で不要発射を探索します。
全体像を見てもらう為、7.1MHz辺りが狭くて見づらいですが、拡大して確認しても、近傍に不要発射は有りませんでした。
こちらも、リニアで増幅してKWにしても問題のないレベルです。

前回もそうですが、今回のデータもBPF(7MHz帯)を通してのデータなので、他のBANDでも、それに対応したBPFを忘れない様にお願いします。
いずれにしても、最終段の後に何らかのフィルタは必要になると思います。

Re: SDR-3新スプリアス関係データ(A1A) - ji1udd

2018/11/25 (Sun) 17:52:06

相模のおじさんへ

>最初に、STEP-11とSTEP-13のOBW測定結果ですが、
>  STEP-11では 209Hz
>  STEP-13では 152Hz となりました。
>どちらも 500Hzに余裕で入っているので、問題は有りません。

スペクトラム表示の送信モニタで結構帯域が広がって見えたの心配して変更した(Step12)のですが、変更しなくても全く問題なかったのですね。

ところでOBWは APB-3で測定されているのでしょうか?
後学のため、どのように測定結果を処理されているのか差し支えなければ教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

Re: SDR-3新スプリアス関係データ(A1A) 相模のおじさん

2018/11/25 (Sun) 21:26:26

ji1udd 様

>ところでOBWは APB-3で測定されているのでしょうか?

残念ながら、APB-3で直接に測定していません。
測定結果をクリップボードにコピーして、後はEXCELの表計算での処理です。

計算の手順は、「証明規則第2条第1項第12号に掲げる無線設備_ 別表第35」に「占有周波数帯幅」として詳しく載っています。
 *総務省 証明規則 別表第35 で検索して貰えばPDFが有ります。
  かなり具体的なので、私の説明よりそちらが分かり易いかと思います。

測定時のRBWやSPAN幅、平均回数、最小データ数などの規定も有り、それに沿ってAPB-3を設定/測定しています。
この時、APB-3のトレース数は 1 に設定して下さい。余分なデータも取込んでしまいます。

クリップボードに取込んだデータは、設定範囲より広いデータ領域を含んでいるので、対象の周波数範囲を選択して計算しています。

EXCELの計算表でよろしければメールで送付させてもらっても結構ですが。

本当はAPB-3に組込めると良いのですが、残念ながらそこまでの知識が有りません。

末尾になってしまいましたが、大変有益な改造をして頂き有難うございました。

Re: SDR-3新スプリアス関係データ(A1A) - ji1udd

2018/11/25 (Sun) 22:19:02

相模のおじさんへ

別表第35をダウンロードしました。まだ熟読はできておりませんが、Excelで測定結果を積分して全電力の0.5%となる点を求めているのですね。

ご教示頂きどうもありがとうございました。

SDR DL出来ない 酒井OMU

2018/11/17 (Sat) 23:09:45

SDR-3Dマイコンにプログラムを書き込めない

症状としては、RESET BOOT操作後 FlashloderのNextをクリックすると Noresponse ...のメッージが出る。
次に、変換モジュールからワイヤを通してマイコン側のコネクタでTXD RXDを接続して、Flashloder のNextをクリックすると Cannot open...のメッージが出る。
以上からUSBシリアル変換モジュールは正常と考えました。
ワイヤはクロス接続と理解しています。

マイコン側の3.3Vは正常値。LEDは点灯します。
オシロでマイコンの水晶の端子を当たると、3.3Vで発振が見えない。

マイコン側が機能している事を確認する方法のアドバイスをいただけないでしょうか。

Re: SDR DL出来ない やどさん

2018/11/18 (Sun) 12:49:21

こんにちは。

自分もはじめ 書込み出来ずにドキドキしました。

>オシロでマイコンの水晶の端子を当たると、3.3Vで発振が見えない

もし、
“SDR-3 書き込みできません 2018/09/16 (Sun)” をご覧になっていたらすみません、
以前、思い込みで16MHzで発振しているか?と書き込んでしまいました。
ブートモードの書込み(USART1 PA9/PA10使用)では、内蔵RC発振回路で動作して、外部X1は発振しないです。


まずは、マニュアル1-3(p.10-)の通り シリアル変換モジュールとの接続に問題ないか?
また、1-3.(p.13)のトラブルシューティングに従って、ボーレートを下げてみて書き込めるか?

ダメなら、次はハンダ不良を疑って確認していくのが良いかと思います。

//

Re: SDR DL出来ない - SDR-3 第2ロット

2018/11/18 (Sun) 12:59:17

酒井OMU 様

はじめまして。

>>>オシロでマイコンの水晶の端子を当たると、3.3Vで発振が見えない。<<<

電源の3.3V DCのピンとclock 16MHz出力PINは、違うと思います。白いマークのPINとground接続でのオシロ波形です。

USBシリアル変換モジュールですが、基板内でクロスしている場合もあり、RXとTX変えて、ためしてみてはいかがでしょうか?
一番は、USBシリアル変換モジュールの接続の問題とdriverの適切なインストールができているか、再度確認してみてください。これが適切に行われていると、Flashloderで当該のARMを認識するのがARM正常動作の証左になるかと思います。
他の人の意見も待ってみてください。

Re: SDR DL出来ない - SDR-3 第2ロット

2018/11/18 (Sun) 14:09:22

酒井OMU 様,やどさん

こんにちわ。
やどさんのおっしゃるとおりで、プログラムをDLして、電源を再投入しないと、16MHzは、出力しなかったです。まだ、現在の状態では、16MHzが測定できなくて正常です。申しわけなかったです。

Re: SDR DL出来ない 酒井OMU

2018/11/18 (Sun) 17:54:18

みなさんアドバイスありがとうございました。

SW9とSW10を同時に押してから
SW9を離しSW10を離したらダウンロードできました。

Re: SDR DL出来ない やどさん

2018/11/18 (Sun) 20:37:40

酒井OMUさん SDR-3 第2ロットさん、今晩は!

OKでしたか、良かったです!

ここで書き込めなかったら、気持ちが滅入っちゃいますよね。

念の為、実物でチェックしておきました。
SW9とSW10でブートモードに入れると(SW9リセットでも)、OSC_INもOSC_OUTも"L"レベルでした。
リセット解除後、動作すると 16MHz 0.9Vくらいの振幅で発振していました。

//

SSB Tranceiverで送信ら受信に戻ると受信できなくなる。 - yama

2018/11/12 (Mon) 22:37:23

SSB TrnceiverでPTTで送信ら受信に戻ると受信できなくなります。正常な受信に戻すには電源を切るか予めメモった周波数を呼び出すと正常受信に戻れます。main20180812ならびにmain20180521でも同じでした。何か設定があるのでしょうか?何方かアドバイスをお願いします。

Re: SSB Tranceiverで送信ら受信に戻ると受信できなくなる。 - ji1udd

2018/11/13 (Tue) 06:32:34

yamaさんへ

下記がご参考になるかと思います。検索してみて下さい。

・トラブル症状報告
「SDR3 でCW」の 9/30 のやどさんの投稿
「SDR3 でCW(その2)」の 10/2 の私の投稿

・対策
「SDR-3 送受信でおかしくなる件」のスレッド
 おじさん工房のHPにも対策が掲載されています。


もし的外れでしたらご容赦下さいませ。

Re: SSB Tranceiverで送信ら受信に戻ると受信できなくなる。 - yama

2018/11/15 (Thu) 17:57:19

解決できました。ありがとうございます。

CW機能追加 - 昔青年

2018/11/12 (Mon) 14:10:15

開発環境の構築で四苦八苦し、あちこちググツてやっとJI1UDD OMのCW機能追加のStep2までこぎつけました。
makeでbinフォルダにmain.hexができた時は、ほっとしました。プログラムはさっぱりわかりませんが、今後ともよろしくお願いします。

Re: CW機能追加 - ji1udd

2018/11/12 (Mon) 21:36:18

昔青年さんへ

いらっしゃいませー。CWファンな方にはお楽しみ頂けるかと思います(^^)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.